働き方改革で有給休暇義務が変化する!どう変わる?






働き方改革で有給休暇義務になるって本当?改革後にどう変わるの!?

働き方改革法案成立で有給休暇がどう変わる?

働き方改革法案成立で有給休暇がどう変わる?

有休休暇が義務化されることで、1年に10日以上の有給休暇を付与されることになります。

従業員は1年以内に5日間の有給休暇を連続でも、分割でも構わないので取得しなければならなくなります。

世間をにぎわす働き方改革!有給休暇義務化になるとどうなる?

有給休暇の義務化が話題!

有給休暇の義務化が話題!

2018年6月29日に国会で働き方改革関連法案というものが成立しました。

この法案の中に有給休暇義務化というものが含まれています。

有休休暇が義務化されるとどんなことになるのでしょうか。

少し考えてみましょう・・・・

私が働いている会社は小さな会社なので、今までは有給休暇がなかなか取りづらく

子どもの運動会や授業参観などで、やっと休暇を取ることができるしょうな環境でした。

他の先輩ママさんたちも、有給休暇を取得しないで働いているのを見ていたので

社内的には、それが当たり前のような雰囲気でした。

大手の企業に勤めている友人たちは、有給休暇を会社から取るように指示されて

逆に仕事が中途半端に中断してしまい困る、というような話しをしているのを聞いた

ことがあります。

この働き方改革で、本当に私たち大企業でなく、中小企業の従業員にも

有給休暇が取得できるようになるのか、少し疑問に思ったので調べてみることにしました。

まずは、この有給休暇義務化の対象となる従業員

有休休暇が10日以上付与される人です。

また、その日から1年以内の期間最低でも5日間の有給休暇を

取らなければならないという内容のもので、5日については1年以内であれば

連続してでも、分割してでも良いということになっています。

この有給休暇義務化については、正規の社員以外にもパート従業員にも適応されます。もちろん契約派遣社員も同じです。

該当する従業員は、入社後6ケ月を経過している正社員かフルタイムの契約社員。

入社後3年6ケ月以上経過していて週4日出勤しているパート社員。

入社後5年6ケ月以上経過している週3日出勤のパート社員です。

企業側としては、年初における年休取得予定を従業員から提出してもらい

それを管理することと、計画的に有給休暇を付与する制度を活用すること

年休取得を奨励するという対策を求められています。

従業員の有給休暇の取得状況をきちんと把握するために会社側は年次有給休暇の

管理簿を作成しなければならないということが厚生労働省で決められました。

日本では、なかなか有給休暇が取りづらくて世界の中でも取得率がとても低いという

現状を法律で有給休暇取得を義務化することにより休暇を取りやすくして

取得率を高めていこうという流れです。

積極的に有給休暇を取得することにより従業員のワーク・ライフ・バランスを

より良くさせるという目的があります。

ワーク・ライフ・バランスとは、仕事と生活がより良いものになり

相乗効果をもたらすということです。

ただ、インターネットを使った連絡網などで、緊急時に対処できるインフラも整える必要があるかもしれません・・・

良く耳にするワードでしたが、こういった意味があることを初めて知りました。

実際に有給休暇を義務化した企業で業績が上がったという例があるそうです。

このように、仕事一辺倒にならずに、私生活も充実させることにより

仕事の生産性を上げることができるのです。

毎日、残業してクタクタになって家に帰り、週末も疲れてぐったりとして

しまっていては、頭の切り替えが出来ずに慢性的な疲労を回復することができません。

これでは、仕事でのミスも増えてしまうし家庭の不和にもつながりかねません。

このように休暇がキチンととれるような法律の整備をしてもらえているのであれば

恐る恐る有給休暇の申請をしなくても大丈夫なのかなと期待が持てます。

働き方改革で有給休暇義務!本当に有給休暇がとれるようになるの?施行されるのはいつから?

 

有給休暇実施はいつから?

有給休暇実施はいつから?

働き方改革の法案成立で、この法律は、2019年4月1日から義務化になります。

有給休暇というのは労働基準法で定められている休暇なので従業員から

有給休暇取得を請求された場合には経営者や管理者に拒否する権利はありません。

もし違反した場合には30万円以下の罰金を受けることになります。

今までも、そうであったのですが全く知らない人が多いのではないでしょうか?

また、厚生労働省では働き方改革推進の実行を進めていくために

働き方改革推進支援センターという相談窓口を開設して事業主への支援を行っています。

これにより、従業員の有給休暇取得も取りやすくなると思われます。

今まで、なかなか取りづらかった有給休暇ですが、こうして法律として定めてもらえると、大手を振って申請しやすくなるのではないでしょうか。

メリハリのある働き方を考えることは大事なことです!

働き方改革で有給休暇義務!まとめ

もうすぐですね!

働き方改革で有給休暇が義務化するのは2019年4月1日からです。

義務となったので、違反した場合には30万円の罰金が企業側に課せられる。

この法案により、全従業員の有給休暇取得を企業側が把握しなければ

ならなくなったので、有給休暇が取りやすくなったのではないでしょうか。

家族とのんびり過ごせる日がやって来るのではないかと少し期待していますがアナタはいかがですか?

やっと家族旅行や親孝行に使える時間もできるので、嬉しい悲鳴ですが・・・

せっかくの有給を、寝るだけで過ごさないようにしたいものです・・・

有効に使ってこそ有給休暇、休みをもらえるだけでなく、休んでいても給料が発生するということです。

アルバイト・契約社員・派遣社員も、有給休暇がもらえて、給料が発生する権利があるのですから、有効に使いましょう!




スポンサードリンク




スポンサーリンク
スポンサードリンク

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク

Translate »