新型コロナ危険は自己免疫暴走と血栓が重要な問題?多様な薬で対応!




新型コロナ対処療法の確立はいつ?



新型コロナでサイトカインストームが危険?

炎症を起こしているところを抑える免疫と
抑える免疫が出すぎて他の組織に影響が出て
免疫が暴走するらしい・・・・

新型コロナはコレが怖い!

サイトカインストームとは?

それでは、
サイトカインストームとは
どのような現象なのでしょうか?

実はサイトカインには、
「炎症性サイトカイン」と
「抗炎症性サイトカイン」があり

これらはアクセルとブレーキの関係になっています。

一方が炎症を引き起こし、他方がそれを抑えています。

通常は、両者のバランスが取れており、
不都合が起きないように制御されています。

ところが、このアクセルとブレーキの
バランスが崩れることがあります。

このように
サイトカインは微量でも
大きな結果をもたらします。

この結果、炎症性サイトカイン
過剰に血中に放出されて
自己免疫疾患などを
引き起こしてしまうことになるのです。

これがサイトカインストームです。

引用:https://gan911.com/column/2542/

自己免疫が暴走することが危険なようです。

そういったサイトカインストームを起こすと
重篤になって、

ICUや病床の増加で
医療崩壊なってしまうのが怖い!

新型コロナ感染で医療崩壊を防ぐには?

重篤になる前に、症状を緩和
できれば、普通の風邪や
インフルエンザと同じように
自宅療養できれば

重篤にならないので
ICUや病床・院内感染も
少なくすむ!

医療崩壊にならなくて
済むという考え!

ワクチンは重要!ワクチンがない時の対処がもっと重要!

未知のウイルスに対応するのは
困難でも対処法の治療を
確立するには

多種多様な現在ある薬剤を使用して
処方することで

症状を抑えることを
模索して重症にならないように
する方法を

確立することが重要なようです。

重篤者の治療法としては血清が高い効果!

新型コロナウイルス肺炎の重症者に、
回復患者さんの血清が高い効果を示すことが
明らかになっている

20人の重症者のうち19人が退院している。
しかも1回の投与で高い効果を示す。

血清も対処法としてのひとつの方法!

ラマ抗体でコロナウイルスをブロックできる?研究している。

ラマ抗体って?

ラマってアンデスに生息する動物

ラクダ・アルパカの動物と同じ
ラマというアンデス地方に生息する
ラマですよ・・・

何でも、ラクダ科の動物は
特殊なウイルス攻撃が強い

抗体を持っているらしく
新型コロナにも
応用が効くのか研究中!

大腸菌や酵母で大量生産
できるので

非常に安価な治療薬になる
かもしれないということで

現在、各製薬会社が
抗体薬開発に着手して
いるらしい・・・

引用:https://aasj.jp/news/lifescience-easily/13032

ウイルスパンデミックに対応できる治療方法を確立すること!

新型コロナだけでなく、

未知なるウイルスでも

対応できる治療方法を確立

するためにいろんな

治験が行われている。

現在の治療方法まとめ:

  • アビガン
  • イベルメクチン
  • オルベスコ
  • アクテムラ
  • レムデシビル
  • 血清

などを使用しての
治療方法を模索中!

主な症例や治療方法などは
日本感染学会から知ることができる!

最新:新型コロナウイルス感染症の症例報告

ご参考まで・・・




スポンサードリンク




スポンサーリンク
スポンサードリンク

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク

Translate »