新型コロナの犬や猫への感染リスクが気になる!ペットへの感染は?




新型コロナ ペットに感染?



家族である犬や猫のコロナ感染危険性は?

実は、新型コロナは
猫が感染しやすいという
報告がある。

そう考えると
身近なペットにも
感染リスクがあると
いうことを

認識しなくてはなりません。

ただ、猫が感染しやすい
と言われていても

ウイルスを排出する
期間が短いので

ペットから新型コロナが
人への感染リスクは
殆どないと

発表されているが・・・

まだ、未知のものと
ハッキリ判っていないのが
現状ということを

認識しておきましょう!

オルガノイド培養で新型コロナウイルスが広い範囲の哺乳類動物に感染できる可能性が示された。

コウモリも感染するということ

オルガノイド法で、
コウモリの腸組織を試験管内で
一定期間維持することが
できることをまず示し、

試験管内で
新型コロナウイルスを感染させた。

驚くなかれ、ヒト鼻粘膜から
調整したばかりの
新型コロナウイルスは
コウモリの腸組織に感染し

ヒトの腸オルガノイドを
用いたのと同じぐらいの
効率でウイルスを
排出する事が示された。

すなわち腸上皮細胞であれば、
猫どころか、コウモリの細胞にすら
新型コロナウイルスは
そのまま感染する事になる。

この結果は、コウモリのACE2と
TMPRSS2も、新型コロナウイルスの
感染の入り口として
機能する事を示している。

要するに、
新型コロナウイルスは、
そのままで広い範囲の
哺乳動物に感染できる
可能性が示された。

引用:https://aasj.jp/news/lifescience-easily/13109

オルガノイド培養とは?どういったものか?

iPS細胞やES細胞といった
ヒトの多能性幹細胞から、
「オルガノイド」と呼ばれる
生体組織・器官に

類似した立体構造を
試験管内で創出する技術

引用:日本医療研究開発機構

まとめ

新型コロナウイルスは、
哺乳動物に感染できる
可能性が示されている。

なので、自分が
コロナ感染した場合は

自分をペットから
隔離するほうが
いいかもしれませんね・・・

新型コロナの怖いのは

  • 感染自覚症状がわかりにくい事
  • 発症から重症化までの時間が短い事
  • 血管炎を伴う事

などが怖れられている。

そう考えると
新型コロナと疑いが
ある場合の

検査方法で判断が
顕著にわかりやすくなること!

そして、治療方法の確立を急ぐこと!

ワクチンを作成するには
相当な時間を要すことと

ウイルスが新しく
変化していくことを
考えると、

対処療法が早く
確立されれば

死亡リスクは
減少できるので

現在ある、薬で
処方することが
望ましいですね・・・

人類が新型コロナを
克服できますように・・・

祈るばかりです。

たくさんの医学に携わる方や
科学者が日々、研究に
尽くされていること

感謝いたします。

ご参考まで・・・・




スポンサードリンク




スポンサーリンク
スポンサードリンク

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク

Translate »