日本の精進料理は仏教の知恵から生まれた?本当なのか?

スポンサードリンク
 



仏教では、動物は殺生してはいけないという教えがある

精進料理

日本の仏教では曹洞宗が
食の考え方が一番厳しく

曹洞宗の精進料理は、
肉・魚・卵・乳製品などの

動物性食品を一切使わない
食材を無駄にしない知恵が詰まっている

うなぎの蒲焼なども、豆腐や味噌などを
使用して、見た目がうなぎの蒲焼

野菜・穀物を加工して
人間の意識が

食べた気になるように
食感や味を脳で置き換えることで

満足感を得るように
している料理もある。

スポンサードリンク




「ヴィーガン」と「精進料理」は何が違うの?

一汁三菜

ヴィーガンと精進料理は何が違うのか

精進料理は仏教の知恵で、肉や魚などの動物性の食材は使用しない
臭いのきつい野菜・ネギ・ニンニク・ニラなども使用しない

精進料理の基本は「一汁三菜」で、野菜と豆が主役

汁物・ご飯・3つのおかず(菜)という献立

ベジタリアン

ベジタリアンは菜食主義の一種で、卵や乳製品も口にできる。

※ヴィーガンは卵や乳製品・はちみつをも口にしません。
完全菜食主義者

昔は僧侶の精進料理は肉も魚も食べていた?なぜ?禁止に?

仏教
仏教では不殺生といって、生き物を殺してはいけません。
虫でさえも・・・

ただ、現在の日本での僧侶は、修行のときは
一切、肉や魚も食べませんが、修行時期を離れると
食べることがあります。

日本の仏教で、一番戒律が食事で戒律が厳しいのは
曹洞宗系が厳しく、真言宗も修行のときは肉や魚は食べません。

その他の仏教は、食べている僧侶は多いと思います。

それよりも、せっかく生きていたものを
食べ物を粗末にしない!

命あるものをいただくので、大切に
感謝の気持ちを込めて、食すことを
基本としています。

いただきます!
ごちそうさまでした!

そんな言葉は日本ならではの
風土習慣があり

これからも大切にしたいものです。

まとめ

精進料理は仏教に関連していた!

僧侶の戒律に不殺生というのが原則

昔は僧侶も肉や魚を食べていた!

ベジタリアンの中に
もっとも厳格なものが

ヴィーガン

肉や魚・乳製品・はちみつまでも
動物・生き物が作るものも
使用しない徹底主義!

そういったものも
人間のエゴで広まっていると
感じますが・・・

キリスト教も仏教も
多神教も一神教も

人間が作った宗教です。

思想や考え方は、いろいろあっても
良いと思いますが

やりすぎると、人間達の
争いに発展してしまいます

日本のように
神・仏をも習合した

神仏習合のような
おおらかな気持ちで

日本の伝統として
文化として、風習として

精進料理というものを

知識として知っておくべき
事柄だと、筆者は思います。

ご参考まで・・・

スポンサーリンク

スポンサードリンク
 



Translate »