注意喚起!梅雨や夏場に注意したい「ペットボトル」の細菌性食中毒!48時間放置で30万倍増殖?

スポンサードリンク
 



梅雨~夏場にかけて気をつけよう!ペットボトルの飲みかけは!

ペットボトル

梅雨の時期や夏場に注意したい、
ペットボトルによる細菌性食中毒!

ペットボトルを長時間放置すると、
細菌が繁殖し、食中毒の原因になる。

開封後は早めにに飲みきるのが望ましい!

もし、全部飲めない場合は冷蔵庫に
保管すること!

特に、口をつけたペットボトル
特に注意が必要だ!

ペットボトルで飲むときは
自宅やオフィスならコップや
グラスに注いで飲むのがベスト!

スポンサードリンク




「ペットボトル」の細菌性食中毒!48時間放置で30万倍増殖?

細菌性食中毒

一番繁殖しやすいのはミルクやタンパク質などの多い
ミルクコーヒーやミルク入りカフェオレなど

乳製品と糖分が多い飲料水に気をつけよう!

麦茶も数千倍には最近が増加するので
注意が必要だ!

緑茶や酸味のあるオレンジジュースなどは

酸性であるため増殖しにくい!

ペットボトル、数時間など放置するならどうする?細菌性食中毒!回避する方法は?

マグカップ

一番はコップやグラスにに入れて飲むこと!

それでも、すぐに飲みきれない場合もあるだろう
その時は、氷を入れて飲むことを
おすすめする!

細菌の繁殖はある一定の温度と湿度に
なると急激に繁殖する傾向にある。

そんなときは、氷を入れることで
氷の溶けない温度を保持できれば
細菌が増えづらい環境になる!

ただ、通常の一般の陶器やグラスでは
その温度を保持できない!

では?どんなコップやグラスが良いだろう?

できればステンレスで温度変化の少ない
コップが販売されている。

保温保冷マグカップが良いだろう!
できれば蓋付き・・・

蓋がなければ、100均でシリコンの
マグカップ用の蓋が販売されているので

それを、使用すると良い!

スポンサーサイト

保温保冷マグカップ

まとめ

梅雨から夏場にかけては
ペットボトルの飲料水は

放置しないことで
細菌性食中毒を予防できる!

飲むならグラスやコップに
入れ替え、氷を入れて飲む!

飲みかけは冷蔵庫に保管!

もしくは、保温保冷の
ペットボトルカバーも
良いだろう!

ただ、それも、数時間で
細菌の増加しやすい
温度や湿度になってしまいます。

まず、ペットボトルに

口をつけた飲み物には

最新の注意が必要です。

飲み物を放置するなら
保温保冷マグカップに

氷を入れて飲まないときは
蓋をすること・・・

次回に飲むときは
氷が溶けているか?

溶けていないかで
判断して、飲むこと!

氷が溶けていなければ
まだ、細菌が繁殖する
温度帯になっていないので

まだ、安心できる。

ぜひ、参考にして下さい。

スポンサーリンク

スポンサードリンク
 



Translate »