熱中症の正しい知識!症状や後遺症は?子供の場合の予防と対処!




熱中症の正しい知識!症状は?子供の場合の予防法と対処法!

 遊ぶ子供たち

子供は自分で熱中症になってしまったという自覚がありません。

元気が急になくなって、ぐったりして来たら熱中症のサインです。

すぐに涼しい場所に移動して、水分補給をしましょう。

夏は特に水分不足は危険です!子供が肩で息をする、目がうつろ

ぐったりしたら危険信号ですよ!

 



子供を熱中症から守りたい!熱中症の予防法と初期症状!

気温計 

これからの季節、元気いっぱいお外で遊ぶ子どもたちが増えて来ますね。

お天気がいいとどうしても、外に出たがるのが子供です。

こちらとしても、あまり家の中でゲームばかりやっているのも良くないので

ついつい公園に出かけてたくさん遊ばせてあげようと張り切ってしまいますが

熱中症には十分注意したいですね。

飲み物を持って行くことや、帽子をかぶらせることは当然ですが、

他にも子供を熱中症から守る方法をお知らせ致します。

まず、熱中症になぜ?子供がかかりやすいのかですが、体温調節をうまく

コントロール出来る体になっていないことや、身長が低いので

アスファルトなど道路からの照り返しの影響を受けやすいこと

遊ぶことに集中してしまって、水部補給や衣服の調整を忘れてしまうことなどがあります。

注意すること

  •  子供は体温調整がうまくできないこと
  • 夏場の道路などは照り返しが強くて影響しやすいこと
  • 水分補給を忘れがちに遊ぶこと

うちの子どもたちも、公園に遊びに行くときは水筒を持って出かけるのですが

こちらで、注意をしないとお水を飲まずに延々と遊んでいることがあります。

顔は真っ赤になってしまい、あともう少しで熱中症になってしまって

いたのではないかと驚いてしまいました。

のどが渇いていないと言われても、遊びに集中していて中断させるのが

可哀想と思っても、定期的に水分や塩分を補給させることは大人の役目です。

首の後ろを冷やしておくタオルや塩飴なども、用意しておくことも大事です。

近頃ではスーパーなどで販売されています。

これらのグッズも熱中症対策には有効なので是非活用してください。

汗と一緒にナトリウムが排出されてしまい体温の調節機能が狂ってしまうので

水分補給の時には、普通のお水ではなくスポーツドリンクなどナトリウムが

入っているものがおススメです。

麦茶もミネラルが含まれている飲料なので熱中症予防に効果的な飲み物です。

熱中症になってしまったかなと思ったら、ちょっと子どもに声をかけて

様子をうかがってみてください。

返事の内容がチンプンカンプンだったりする場合は、熱中症の初期症状です。

他にも初期症状としては、めまいや、立ちくらみ、たくさんの汗をかく

顔色が蒼くなるなどがあります。

このような症状が出ていたすぐに涼しい場所に移動して

水分と塩分補給をして洋服を脱がせて体を冷やしてあげてください。

緊急の場合に身体を冷やす部分は?

  • 日陰で休ませる
  • 衣服を脱がして、冷たいタオルで冷やす
  • 脇・首・股を重点的に冷やします
  • 水分を与えること

頭痛や、だるさ、吐き気などの症状が出た場合は、中度から重度の熱中症に

なっている場合があるので医療機関を受診するようにしてください。

また、放課後や夏休みなど子どもたちだけで遊んで帰って来ることもあると思います。

そんな時には、体調が悪いことはないかを質問してあげてください。

家に帰って来てから熱中症を発症する場合もたくさんあるとのことです。

それと、もう一つ注意しなければいけないこととして

実は屋内でも熱中症になってしまうということです。

熱中症は気温が高く湿度が高い場合に、発汗が適切に行われない時に発症します。

家の中でも、同じ状況に置かれた場合には熱中症を発症します。

家にいるから安心などとせずに、家の中でも定期的に水分補給を心掛けて

風通しを良くしたり、カーテンなどで直射日光を遮るようにすることが必要です。

もし熱中症になったら?正しい対処法と受診の判断基準!

 日差しが強い

もし熱中症になってしまった場合の正しい対処方法は、まず意識の有無を調べます。

意識レベルです!

症状が出てから意識がまだある場合には、涼しいところへ移動させて

衣服を脱がせて体を冷やし、自分で水分の補給ができる場合には水分と

塩分の補給をして回復をしたかどうか確認します。

回復したと思っても、すぐには遊ばせないで最低でも10分から15分くらい

安静にしておくようにしましょう

水分や塩分を補給しても回復しない場合には救急車を呼んで医療機関を受診してください。

意識はあるが自力で水分や塩分の補給が出来ない場合も救急車を呼んでください。

脱水症状で逆に水分を自力で飲めなくなる時があります。注意して下さい!

意識がない場合には、すぐに救急車を呼ぶようにしてください。

コレは非常に危険な状態です!

このときは、先程の緊急の場合に身体を冷やす部分は?を

参考に冷やしてあげて下さい。

必ず、救急車が到着するまでの間に、涼しい場所に移動させて衣服を脱がせて体を

冷やしておくようにしましょう。

救急車が来るまで何もしないことが、まず、危険な状態ということを知っておきましょう!

なので、体を冷やす場所としては、大きな血管が通っている場所を冷やすことが重要です。

冷やされた血液が全身を巡ることにより、体中を冷やしてくれます。

首の付け根の部分や頸動脈、わきの下などが効果的ですよ!額ではありません。

間違わないように!

まとめ

 子供が遊ぶ

子供は自分の体調の変化をなかなか言葉で上手く伝えることができないので

私たち親が、日頃から子供の体調に気を付けてあげて、元気に夏を過ごさせて

あげたいですね。

熱中症予防には、こまめな水分補給塩分補給あまり暑い時間帯は外で遊ばせない

という日中の注意も必要ですが、夜更かしはさせずに体調を整わせてあげる

ということも予防につながります。

家の中も、暑い場合があるので、気をつけましょう!

家だから安心と思わないで下さい!あとで後悔しても遅いですよ・・・・

あと、一番、してはいけないことは車中に子供を絶対に置き去りにしないこと!どうしても車で移動する時に、ショッピングなどの時、子供を連れて行くのが面倒だと思わないことです。

車中に置き去りにされた子供が、夏場はとくに車中の温度が、急にあがり、サウナ状態となり事故が発生が夏場に多いので、取り返しのつかないことにならないためにも、絶対に置き去りにしないでくださいね!

赤ちゃん・乳幼児・園児の子供は特に、気をつけましょう!




スポンサードリンク




スポンサーリンク
スポンサードリンク

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク

Translate »