アナタが上司面談での質疑応答と基礎的なポイントを学ぼう!






上司面談のポイントって?業務をスムーズにするための質疑応答!

部下との面談での質疑応答のポイントとは?

上位との面談での質疑応答のポイントとは?

上司面談を満足に進めるためのポイントはどんなところにあるのでしょう?

せっかくの上司との面談ですので、自分の評価をあげたりその後の業務に生かせるものにしたいですよね。面談が終わってみたら緊張して何も話せなかったとか、準備をしていなくて満足に答えられなかったということのないようにしたいものです。

自分の能力や仕事の成績などをきちんと評価してもらうためにも、上司面談を理解して求められることを話せるように準備しておく必要がありますよ!

これから会社の上司面談でのポイントを紹介します。

上司に高評価を貰う為にもきちんと自分の意見は抑えておきましょう。

会社の上司面談・質疑応答のポイントは?評価が上がる意欲的な質問例!

上司面談のポイントとは?

上司面談のポイントとは?

おおまかに言えば上司面談のポイントは3つあります。

以下の3つのポイントを抑えて、上司面談に臨みましょう。

話をきちんと最後まで聞くこと

話をきちんと聞くというのは、とても大切なポイントです。

上司が話している途中で遮って自分が話し出すことはとても失礼にあたりますし、否定されると気分も良くないでしょう。

ただただ聞き流すのではなく、相手の言葉を受け入れ「はい」「ええ」と相槌を打つこともとても大切です。

話を一生懸命聞いている部下は上司にとってとても可愛く感じると思いますし、最後まできちんと聞くという姿勢はお互いの関係性を向上させる重要なポイントで。

返事を単調なものにしないこと

上司からの質問に「はい。」「いいえ。」などはもちろんのこと!

単調な返事をして終わらせないようにしましょう。

例えば「はい、わたしもそう思います。その方法が一番スムーズなので合っていると思います。」と答えれば、「もっと効率よく進めるにはどこを改善した方がいいと思う?」などと話が広がりやすいですよ!

複数の単語で答えることは、円滑に面談を進めるにも上司からの評価を上げるためにもとても重要でしょう。

漠然とした質問をしないこと

「この企画ですが、どうしたらいいでしょう?」というような漠然とした質問は、上司も企画の内容を全て理解しなければ答えられない質問になります。

まず資料を読んで進めている状況を確認して、と何人もの部下を抱える上司にとってとても大変なことです。

ある程度噛み砕いて説明し、「自分はこう進めたいと考えていますが、これで大丈夫でしょうか?」と確認をするようなパターンの方がよいですね・・

上司も、コイツは自分なりに考えて行動していると思われ、大きなプロジェクトも任せてもらえるかもしれません。

質問に関して言えば「なぜこの企画はダメだったんですか?」とか「どうして企画を通してくれなかったんですか?」などと問いつめるような質問も印象がよくありません。

「この企画が通り辛かったのは、どんなところに原因があったのですか?」と効果的な会話ができるような質問がおすすめです。

このように上司面談において3つのポイントを抑えておくと、上司に意欲的な部下として映ると思いますし、質問の仕方も忙しい上司の時間を余り取らないように準備しておくとよりスムーズに面談が進むでしょう。

自分の意見や考えを何も話さずに、上司の話をただただ聞いて終わることだけは避けたいものです。

仕事は、参加してこそ、やりがいがあるものこなすだけでは、そのうち飽きてきます。

企画提案などはプランを練って、数字的な根拠と市場を見据えた方法とスキマ的な市場を捉えた形をイメージすれば、上司も理解してくれること間違いなしです。

間違っていれば、どういったところを修正すればいいかを聞いてみましょう!

また、会議などでは反対することが一番難しいと言うことをキモに命じましょう!

反対するということは、代替案を出せる状況であるということを議論するということを知っておきましょう!

ただ、反対するだけでは、何も議論になりません。

行動もできないでしょう・・・・

上司面談・質疑応答・面談後の業務に行かせる質疑応答!積極的に話し合おう!

上司と議論すること!

上司と議論すること!

上司面談において前述したポイントを抑え、評価が上がる質問を考えておくことはとても重要です。

上司と部下の関係をより良くお互いの信頼を深める為にも、積極的に話し合うことができることがベストです。

わたしの経験からみても、上司面談を上手に生かしてその後の業務がスムーズに進んだことは何度もあります。

上司面談できちんとコミュニケーションを取ることは、その上司の元でとても働きやすい環境を作るのだと思います。

上司もバックアップしてくれるでしょうし、頼りになる部下と思ってくれるでしょう・・・

その為にも上司面談の前には何を伝えたいか、分かりやすい具体的な目標(数字や期限込)を準備しておいた方がいいですよ。

それに対して上司に質問された時はきちんと答え、積極的に話し合うことができればまったく言うことありません。ベストバウトです!

長過ぎる上司面談で混乱してしまいそうな場合は、「すみません。今すぐに結論が出ないので、明日まで考えさせて貰ってもいいですか?」などと伝えて、一旦持ち帰って再度上司に報告すればさらにベストです。

上司の評価が自分が思っているものと大きく差がある場合もあると思いますが、わたしたち部下が思っているほど上司は細かく把握していないことも多いです。

全て話さずとも分かってくれているだろうと思わず、細かく説明したりきちんとアピールしたりしないと伝わりません。

それを頭に入れて上司面談を受けることをおすすめします。

上司面談での質疑応答!まとめ 

上司面談は上司と部下の間の信頼関係を深める為にもとても大切なものだと言えます。

上司に良い印象を与える為にも上司面談のポイントを抑えた態度で向かうことが重要です。

色々なタイプの上司が居ますので、クセを掴むのは大変だと思いますが基本的に誠意をもってしっかりと話を聞き、相手の答えやすい質問を投げかけ、自分の目標や意見をしっかりと訴えることが関係を深める為にも大切ですよ。

その為にきちんと準備したり、分からなくなりそうな時は面談中にメモを取ったりすることも意欲的に映ると思います。ぜひ上手に乗り切ってくださいね。




スポンサードリンク




スポンサーリンク
スポンサードリンク

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク

Translate »