スポンサーリンク

ご存知ですか?東京都内で独身男女が選ぶ!シェアドアパートメント探し!家賃3万円からなことを!

シェアドアパートメントとは? 豆知識

  当ページのリンクには広告が含まれています。

シェアドアパートメントとは?

なんと!30,000円から!理想な都内の便利なシェアドアパートメント探し!

 

東京で新たな生活をスタートし、仕事を始める。

 

その想いを胸に秘め、私たちは一歩を踏み出す。

 

そして、その第一歩を踏み出す際に私たちが直面する最大の課題が、「どこに住むか?」という問題!

 

特に、安い家賃で快適な生活をしたいと思うなら、選択肢は限られてきますよね。

 

そんなときに友達が語った言葉。

 

「私、シェアハウスに住んでるんだ。」

その一言が、すべてを変える。

 

「シェアハウス?でも、私、きれいな部屋で暮らしたいし…」

 

そんな疑問を抱いているあなたへ。

 

都内に近い物件が存在することを知っていますか?

 

それはシェアハウスでもアパートでもない。

 

その名も、シェアドアパートメント。

 

東京都内に300物件以上、室数は3500室以上もあるこの新しい形態の住居は、

ベストな選択肢となることでしょう。

 

「でも、私、短期間だけでも部屋を借りたいし、保証人もいない…」

 

その問題も、シェアドアパートメントなら解決。

あなたが住むための準備はすべて整っています。

 

テレビ、冷蔵庫も完備。ワンルームのように自分だけの空間を持てる。

 

全室鍵付きで安心。

 

そして何と、東京23区内で30,000円からの物件が存在するのです。

 

「こんな!都内まで20分圏内の物件が30,000円で借りられるなんて!」

と驚きの声を上げるあなたのために、新たな生活の扉、

シェアドアパートメントを知ってください!

 

 

まずは無料ご相談!

↓ ↓ ↓

シェアドアパートメントご相談!

 

スポンサーリンク

  当ページのリンクには広告が含まれています。

シェアどアパートメントを探す上でのポイント

シェアドアパートメント選びは、新しい生活スタイルの第一歩です。

快適な暮らしを実現するためには、物件選びがカギとなります。

しかし、ただ単に「安ければ良い」というわけではありません。

 

あなた自身のライフスタイルに合った物件を見つけるためには、何を基準に選べば良いのか、そのポイントを押さえることが重要です。

以下に、シェアドアパートメント選びの上で考慮すべきポイントをまとめました。これらを参考に、あなただけの最適なシェアドアパートメントを見つけ出してください。

 

立地条件の確認

シェアドアパートメントを選ぶ際の最初のステップは立地条件の確認です。

毎日の通勤や通学を考えると、公共交通機関へのアクセスが良い物件は非常に価値があります。

最寄り駅から徒歩何分以内か、またはバス停からのアクセスがどれくらいか、という点を最初に確認しましょう。

また、物件の近くにスーパーマーケット、コンビニエンスストア、ドラッグストアなどの商業施設があるかどうかも重要です。

※都内近郊なら殆ど揃っています。

 

生活必需品を手軽に購入できるところが近くにあると、日々の生活が格段に便利になります。

 

さらに、都心部へのアクセスも視野に入れると良いでしょう。

仕事以外の時間も充実させるために、レジャーやエンターテイメント施設へのアクセスが良い物件は魅力的です。

 

立地条件の確認はあなたの生活の質を大きく左右する重要なステップです。

あなたのライフスタイルに合った物件選びをしてください。

 

シェアハウスのルール確認

シェアハウス、そしてシェアドアパートメントには、一般的なアパートとは異なり、共有スペースの利用方法やノイズに関するルールなど、入居者全員が守るべきルールが設けられています。

 

例えば、共用キッチンやバスルームを使用した後の清掃、静かな時間帯の設定、またはパーティーやゲストの招待に関する規定などが含まれます。

 

これらのルールは、入居者全員が快適に暮らすために必要なものであり、事前に確認し理解することが大切です。

 

また、たとえばペットの同居や喫煙に関する規定など、あなた自身のライフスタイルに大きく影響を与えるルールも存在します。

 

自分のライフスタイルと照らし合わせ、自分が納得できるルールを設けているシェアドアパートメントを選ぶことが重要です。

 

 

最後に、ルールはあくまで最低限のマナーです。

 

思いやりの心を持ち、他の入居者を尊重することが、共同生活を円滑に進めるための鍵となります。

 

 シェアハウス内の施設・設備

シェアドアパートメント選びの際には、物件内の施設や設備の充実度も大きなポイントとなります。

 

個々の部屋の設備はもちろん、共用部の設備やその状態も重要な判断基準となります。

 

個々の部屋には、ベッド、デスク、クローゼットなどの最低限の家具が備え付けられていることが一般的です。

 

さらに、独立したキッチンやバスルーム、エアコンなどが完備されている場合もあります。

 

共用部には、キッチン、バスルーム、洗濯機、ドライヤーなど、日常生活に必要な設備が一通り揃っていることが理想的です。

 

さらに、リビングスペースにはテレビやソファが配置され、交流の場として機能している物件もあります。

 

物件の設備をチェックする際には、その設備が清潔で、正常に機能しているかを確認することも忘れないでください。

 

また、共用部の清掃はどのように行われているか、清掃のルールやローテーションがあるかも合わせて確認しましょう。

 

物件内の施設・設備は、あなたの日常生活の質や快適さを直接的に影響します。

自分のライフスタイルに合った設備を備えたシェアドアパートメントを選びましょう。

 

 

まずは!お気軽にご相談!

 

 

シェアハウスのコストについて

シェアハウスやシェアドアパートメントの利用を検討する際、一番気になるのがそのコストだと思います。

初期費用や月々の家賃はもちろん、生活費や設備費などを含めた全体のコストを見て初めて、その物件が自分のライフスタイルや予算に適しているかを判断できます。

ここでは、シェアハウスやシェアドアパートメントに関わる各種コストについて詳しく説明します。

 

 家賃の範囲を決める

あなたがシェアハウスやシェアドアパートメントを選ぶ際に最初に決めるべきことの一つは、家賃の範囲です。

これは、あなたが毎月負担できる金額を考え、それに応じて適切な物件を絞り込むための大切なステップです。

 

まず、毎月の収入から生活費、娯楽費、貯金などを引いた残金を考えます。

 

一般的には、家賃は収入の3分の1程度が適切とされていますが、これはあくまで目安であり、個々のライフスタイルや経済状況によります。

 

家賃の範囲を設定したら、その範囲内で提供されているシェアハウスやシェアドアパートメントを探します。

 

物件の立地や設備、共有スペースの広さなど、家賃と共に考慮するべき要素は多々あります。

また、家賃が安ければそれだけ良いというものではなく、自分の生活スタイルに合った物件を選ぶことが重要です。

 

また、シェアハウスやシェアドアパートメントの場合、家賃以外にも共益費や管理費などの経費が発生することがありますので、それらも含めたトータルのコストを考慮することが大切です。

 

最後に、家賃の範囲を決める際には、将来的な収入の変動も考慮に入れると良いでしょう。

 

安定した収入がある場合は、それほど心配する必要はありませんが、収入が不安定な場合や、将来的に収入が減る可能性がある場合には、余裕を持った範囲設定を心がけましょう。

共益費とその他の経費を把握する

シェアハウスやシェアドアパートメントの家賃だけでなく、共益費やその他の経費も重要な考慮事項です。これらは家賃とは別に発生する費用で、一般的には毎月の支払いが必要となります。

 

物件によっては、これらの費用が結構な額になることもあるため、全体のコストを把握するためには重要な項目と言えます。

 

共益費は、共有部分の清掃費や光熱費、インターネット料金などが含まれることが多いです。これらは、全員でシェアするための費用であり、一人暮らしのアパート等と比べるとかなり安くなるケースが多いです。

 

ただし、その分家賃に上乗せされる形となるので、物件を選ぶ際には共益費を含めたトータルの家賃を見ることが大切です。

 

その他の経費とは、家具や家電の使用料、共用スペースの利用料、管理費などがあります。これらも物件や運営者によっては家賃に含まれている場合もあれば、別途支払う必要がある場合もあります。

 

また、入居時にかかる初期費用も重要な経費の一つです。敷金や礼金、保証金、仲介手数料などがこれに当たります。

 

これらは、契約時に一度だけ支払う費用ですが、物件によってはかなりの額になることもありますので、注意が必要です。

全体のコストを把握するためには、これらすべての経費を考慮に入れ、どれくらいの費用が必要なのかを事前に計算することが重要です。

 

また、各費用の詳細は不動産業者や運営者に直接問い合わせるとより正確な情報を得られます。

生活スタイルでコストを抑える

シェアハウスやシェアドアパートメントに住む際には、自分の生活スタイルを見直し、無駄な経費を抑えることも重要です。

 

具体的には以下のようなポイントが考えられます。

  • 食費の節約:共用キッチンを上手く活用し、外食費を減らすことで月々の食費を抑えることができます。さらに、一緒に住む仲間と一緒に料理を作ったり、食材をシェアしたりすることで節約することも可能です。
  • 共有アイテムの利用:シェアハウスでは、家具や家電、日用品などを共有することが多く、これにより個別に購入する必要がなくなります。これらのアイテムを上手く活用することで、生活必需品の購入費用を抑えることができます。
  • 交通費の削減:物件選びをする際には、職場や学校、趣味の場所など、頻繁に通う場所からの距離を考慮すると交通費を削減することができます。また、シェアハウスの多くが都市部に位置しているため、自転車や徒歩での移動も選択肢になります。
  • 光熱費の節約:シェアハウスでは、共用部分の電気やガス、水道などの光熱費が一定額でまかなわれることが多いです。ただし、個室での使い方によっては追加費用が発生することもあるため、節電や節水に心掛けることが重要です。

これらの生活スタイルの見直しは、月々の出費を大きく抑えることができるだけでなく、持続可能な生活を送るための良い機会ともなります。

 

節約は一見大変に思えるかもしれませんが、実際には工夫次第でストレスなく実践することが可能です。シェアハウス生活を通じて、自分のライフスタイルを見直し、より豊かな生活を送ってみてはいかがでしょうか。

 

 

まずは!お気軽にご相談!

 

Q&A

Q1: シェアドアパートメントとは何ですか?

A1: シェアドアパートメントは、シェアハウスとアパートメントの中間的な形態の住宅形態です。個人のプライバシーを確保しながら、共用スペースでのコミュニケーションも楽しむことができます。設備も充実しており、テレビや冷蔵庫などは各部屋に完備されています。

 

Q2: シェアドアパートメントの家賃はどの程度ですか?

A2: シェアドアパートメントの家賃は物件や場所によりますが、一例として東京23区では30,000円からの物件もあります。

 

Q3: シェアハウスのルールはどのようなものがありますか?

A3: シェアハウスでは、共同生活を円滑に進めるためにいくつかのルールが設けられています。これには、共用スペースの清掃や静かな時間帯の設定、個人の物の管理などが含まれます。具体的なルールは物件ごとに異なるため、入居前に確認しておくことが重要です。

 

Q4: シェアハウスの経費には何が含まれますか?

A4: シェアハウスの経費には、家賃の他にも共益費や管理費、光熱費などが含まれます。共益費は共用スペースの清掃や共有品の消耗品の補充費用など、共同生活に必要な経費をカバーします。また、物件によってはインターネット代や水道光熱費が家賃に含まれている場合もあります。

 

Q5: シェアハウスで生活費を抑える方法はありますか?

A5: シェアハウスで生活費を抑える方法としては、共用キッチンを活用して食費を節約する、共有アイテムを利用する、立地条件を考慮して交通費を抑える、光熱費を節約するなどがあります。また、共同生活を通じて賢く節約する工夫を学ぶことも可能です。

 

シェアドアパートメントご相談!

 

まとめ

東京都内での生活を考える独身男女にとって、シェアドアパートメントは魅力的な選択肢となるでしょう。

 

これは、シェアハウスとアパートの中間的な存在で、プライバシーを確保しながら共用スペースでのコミュニケーションを楽しむことができます。

 

立地条件、シェアハウスのルール、施設・設備を確認し、自分のライフスタイルに合った物件を見つけることが重要です。

 

また、家賃や共益費といった経費を把握し、自分の生活スタイルに合わせてコストを抑えることも可能です。

 

適切な選択と準備を行えば、シェアドアパートメントは東京都内での理想的な生活スタイルを実現するための強力なツールとなるでしょう。

 

 

 

 

 

 

豆知識
スポンサーリンク
スポンサーリンク
admin-aruaru0615をフォローする
スポンサーリンク
あるある辞典
タイトルとURLをコピーしました