神奈川県の逗子花火大会に行きたい!花火デート完全マニュアル!




神奈川県の逗子花火大会に行きたい!花火デート完全マニュアル!

逗子花火大会

神奈川県逗子の花火大会は、打ち上げ総数が7000発で、ラスト15分間に

その中の6000発が打ち上げられるというド迫力な花火大会です。

音楽に合わせた打ち上げも、見所となっています。



逗子花火大会に彼女と!気になる日時とアクセス方法をチェック!

逗子花火大会:日時

毎年開催日が変更となることがあるので、注意が必要です。

2018年は6月1日(金)の19:30から20:15に開催されました。

花火大会の常識を覆すような、開催日で土日や祝日などではなく

平日開催というところも特徴的です。

早い時には5月に開催されていた年もあるので、3月くらいから公式ホームページを

チェックしておくようにしましょう。

逗子花火大会:アクセス方法

アクセス方法は、JR逗子駅から徒歩で15分くらい京浜急行新逗子駅からも

徒歩で15分くらいの場所にある逗子海水浴場です

お車の場合は臨時駐車場なども設置されますが、交通規制があるので

電車での来場をおすすめします。

とても人気のある花火大会なのですが、ここ最近では花火大会自体の開催も

危ぶまれている状況となっています。

それは、市からの補助金が支給されなくなってしまったからです。

そこで、大会開催の為の支援や協力を募って開催にこぎつけたという状況です。

是非、逗子の花火大会を観覧したいと思ったら、協力に参加するのも

自分たちが手伝った大会ということで思い出深いものになると思います。

逗子花火大会:開催協力必要

有料観覧席のチケット購入などでも、協力することができますが、

ふるさと納税や、リストバンドの購入などでも協力することができます。

リストバンドは1つ500円とお手頃価格ですし、リストバンド購入者には

お得な地元の商店でお得な割引を得られるというポイントもあります。

二人で仲良くリストバンドをして、地元の商店をぶらぶら歩くのも楽しいですよ。

こちらの、協賛もwebページなどで募集していたり、当日購入できる場所を

紹介していたりするので、チェックしてみてください。

神奈川県逗子花火大会の穴場スポットは?彼女が喜ぶデートプラン!

逗子花火大会 終わるかも

彼女と海水浴場の花火大会にお出かけするのであれば、昼間から来て

海水浴を楽しんでから、そのまま花火大会を見るのもいいですが

花火大会だけを浴衣を着て見に来るもの楽しいですね。

逗子海岸に少し早めに来て、ビーチマットをひいて見るのもいいですが、

かなり混雑しているので少し離れた場所からゆっくり見るのはいかがでしょう。

逗子花火大会:おすすめスポット 穴場

おすすめスポットは、披露山公園という場所です。

逗子駅からだと小坪経由鎌倉行きのバスに乗って、披露山入口のバス停で降車して

15分くらい坂を上った場所にあります。

小高い丘になっているので、打ち上げ花火を綺麗に見る事ができます。

こちらであれば、混雑を気にせずにゆったりと花火大会を楽しむことができます。

この場所は、普段からカップルにも人気のスポットで西側には逗子マリーナや

江ノ島、相模湾が見渡せてお天気が良ければ富士山も望めます。

南側は葉山マリーナと三浦半島が一望できます。

園内には、展望台の他にも遊歩道などもあり、花火大会の時間まで

のんびりと過ごすことができます。

少し早めに来て、園内を散歩してみてはいかがでしょう。

逗子花火大会:もう一つの穴場

この遊歩道を通って大崎公園まで行かれるのですが、大崎公園も

逗子花火大会の穴場スポットです。

アクセスは披露山公園と同じで、逗子駅からバスで小坪経由鎌倉行きに乗り

披露山入口で降車して徒歩20分くらいの場所にあります。

ただし、自然の公園なので樹木などによって花火が見えにくい場合があります。

事前に花火が見える場所を調べて、場所取りをしておく必要があります。

逗子花火大会:マリーナも穴場

逗子マリーナからも、花火大会を見ることができます。

ヤシの木が植えられていたり、ヨットがたくさん係留されていたりして、

海外の南国リゾート地のような場所なのでカップルで花火を見るには

とてもロマンチックな場所なのでおすすめです。

アクセスは、逗子駅からバスで小坪経由鎌倉行きに乗ってリビエラ逗子マリーナ前で

降車してすぐの場所にあります。

お洒落なカフェやレストランがあるので、早めに行ってそちらで少しゆっくりとしてから

花火を見るものおすすめです。

まとめ

逗子の花火大会は開催日が変更になる場合があるので、春先からのチェックを

忘れないようにしましょう。

交通規制などがあるので、できれば電車での来場をおすすめします。

風向きによっては燃えカスが飛んでくることがあるので十分に注意してください。

また、開催が危ぶまれているのでこちらも、情報をチェックして協力できるようであれば

協力してみるのも花火大会を身近に感じることができると思います。




スポンサードリンク




スポンサーリンク
スポンサードリンク

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク

Translate »