汗かきさんに朗報!気になる汗対策グッズで嫌な汗と上手に暮らす方法




汗かきさんに朗報!気になる汗対策グッズで嫌な汗と上手に暮らす方法

コンビニで気軽に手に入る制汗商品もある

コンビニで気軽に手に入る制汗商品もある

汗対策グッズには様々な種類のものがあるので、状況などによって

使い分けてみるのが効果的です。

結構、身近にコンビニなんかでも手にはいりますし、100均ショップでも手軽な金額で手に入ります。

一度、グルっと見渡してみましょう!案外、使えるグッズがあることに気づきますよ!



暑くて汗が止まらない!周りの目が気になる汗を上手に処理するには?

暑くて汗が止まらない!周りの目が気になる汗を上手に処理するには?

暑くて汗が止まらない!周りの目が気になる汗を上手に処理するには?

地球温暖化が進んでしまっているのか、暑い日が多くなってきているように思われます。

外回りで仕事をして、お客さんのところに到着すると流れるような滝のような汗に

自分でもびっくりしてしまう今日この頃です。

あまりに汗の量が多すぎて、お客さんにも不快感を与えてしまうのではと

心配になりなんとか汗の量を減らすことができないのかと調べてみました。

外出先でどうしても汗を何とかしたいとなった場合には

制汗スプレーやシートなどをカバンに入れて持ち歩くのが価格もお手頃ですし

持ち運ぶのにも便利です。

香りが付いているタイプなどがありますが、トイレなどで使用した場合

香が広がって周りの人にイヤな思いをさせてしまう可能性もあるので

外出先で使う場合には無香料のものがおススメです。

他にも、制汗グッズを使わずに自分で対処する方法としてツボを押して発汗を抑える

方法やわきの下をこぶしで圧迫して顔の部分の発汗を抑える方法などがあります。

顔汗を抑えるツボは、手を握って小指の付け根部分にできる感情線の先端部分に

ある「こけい」というツボを反対の手の親指などで押すと効果があります。

こけい という東洋医学のツボ

こけい という東洋医学のツボ

手を開いて小指側の手首の付け根から1.5センチ下の部分にある「いんげき」という

ツボを反対側の親指で押してみても効果があります。

インゲキという東洋医学のツボ

インゲキという東洋医学のツボ

右側のわきの下に握った状態の左手を入れて押す、反対側も同様に行う。

この方法では、上半身の発汗を抑えることができます。

ツボを押す時は最初は優しく押してみて、効果があるかどうかわからなかったりした

場合には、もう少し強く押してみるといいです。

指で押すのが、押しにくかったりする場合には棒やボールペンなど

使ってみるのも一つの方法です。

こんなにあった汗対策グッズ!上手に取り入れて快適に過ごそう!

制汗スプレーも効果があります

制汗スプレーも効果があります

一番手軽に使える汗対策グッズとしては、どこでも手に入れることができて

使うのも簡単な、制汗スプレーやシートです。

自宅で事前に汗対策をして来る場合には、制汗クリームなども効果的です。

脇に直接塗るタイプなので外では使いにくいのですが、自宅でキチンと塗っておけば

終日汗対策が可能です。

汗止め帯という製品もあります。

こちらは、胸の上にまくバンドなのですが胸の部分を圧迫することによって

顔からの汗と脇汗を抑えるという役目を果たします。

衣服の下に装着するので外から見える事はないのですが、ちょっと

恥ずかしいのが難点ですが、効果は期待できます。

よく、舞妓さんが汗をかかないのは帯で胸の部分を圧迫しているからと

いう話を聞くと思いますが、その原理を応用したものです。

この方法は、人体の半側発汗という機能を使用した圧迫方法です。

半側発汗と言うのは、体の片側に圧迫を加えると反対側にだけ

発汗が生じるという作用です。

ツボ押しでも紹介した、左右のわきの下をこぶしで圧迫すると

上半身の汗を抑えることができる効果と一緒です。

ポリマーを使用した冷感スカーフというものが近頃はいろいろなところで見かけます。

スーツ姿などですと、ちょっと違和感があるかと思いますが首回りの大きな

血管を冷やすことによって体温を下げ発汗を抑える効果が期待できます。

水にぬらして振るだけで冷たくなるタオルというものも販売されています。

こちらは、冷たさを感じなくなってしまった際には、もう一度水でぬらして

振るだけで冷たくなるので、何回も利用できて便利です。

冷感スカーフやタオルなども近頃は、お洒落なデザインのものも増えて来ているよう

なので取り入れてみるのもいいですね。

発熱してしまった時などに使う、ジェルシートも汗対策に効果があります。

こちらは、両胸の脇の部分に張るようにすると体を冷やして体温を下げ

発汗を抑える事ができます。

衣類の脇の汗シミが気になる方には、衣類の脇汗シートを使用すると

汗で色が変わってしまった脇の部分を人に見られずに済みます。

まとめ

汗をかいて人前に出ると、何となくニオイが気になってしまい

思うような行動が取れなくなってしまいます。

近頃では、コンビニエンスストアやドラッグストアも街中にたくさんあるので

外出先でも、手軽に制汗グッズを購入することができるようになりました。

汗のトラブルに見舞われる前に自分にあった制汗グッズを見つけて、

早めに対策をしてみてください。




スポンサードリンク




スポンサーリンク
スポンサードリンク

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク

Translate »