引っ越し準備!徹底的にこだわった荷造り!繁忙期はいつ?




引っ越し業者

引っ越しの見積もりに最適な時期はいつ?引っ越し業者に聞いてみた!

目次

引っ越しの見積もりは、なるべく早めにした方が希望日に引っ越しができます。

だいたい2ケ月前から1ケ月前までに見積もりを取るようにしましょう。

スポンサーサイト



引っ越しが決まったら見積もりはいつがいいの?業者さんの意見!

業者にオマカセ

引っ越し業者さんを選ぶには、複数の業者さんに見積もり依頼をするようにしましょう。

ちょっと、面倒だなと思って先延ばしにしていると自分の希望の日にちに

引っ越しをすることができなくなってしまいます。

1月から3月は引っ越しが最も多い時期で、その他の月に比べると1.5倍から

2倍の引っ越し件数があり、2カ月くらい前から見積もりを取るようにする

必要があります。

何故、希望日に引っ越しができなくなってしまうのかと言うと

引っ越しするのに必要なトラックの台数に限度があるからです。

引っ越し業者さんとしても、なるべく皆様の希望日に引っ越しをしてさしあげたい

ところなのだそうですが、物理的に無理な状態になってしまうので

ご了承くださいとのことでした。

そして、ピアノやエレクトーンなど特別な荷物がある場合は、

専門の業者さんに依頼するようになります。

一般の引っ越しでもそうですが、ピアノなどの場合でも引っ越し先までの移動距離や、

引っ越し先への搬入方法などによって料金が変わって来るので、

引っ越し先の情報もきちんと伝えて見積もりを取るようにしてください。

特殊作業となるので、早めに見積もりを取ることをおススメします。

よりお得に引っ越すには?引っ越し屋さんが見積もり時に見るところ!

引っ越し見積り

引っ越しをお得にするのであれば、転勤などでどうしてもこの月ではなければ

いけないという場合以外であれば、繁忙期を除いた6月、7月、9月、10月

11月、12月くらいにすると料金が安くて済みます。

引っ越し業者さんに見積もりを依頼する場合には、できるだけ訪問見積りを

お願いした方が、後からの追加料金などが出なくて済むのでおススメします。

全てのお部屋を見て回ってもらい正確な荷物の量を把握してもらうためにも

少し荷物を片付けておくと良いです。

収納やクローゼットなどの中も見てもらう必要があるので

扉を開けておいて業者さんが見やすくしてあげると手間がかからず

時間も短縮することができます。

実際に家まで来てもらって、荷物の量や大型の家具があるのかどうかや

運び出す場合に、エレベーターが使えるのか、吊り下げ作業が必要かどうか

などを確認してもらうことができるので特殊作業の有無もチェックしてもらえます。

道路にトラックを停めておけるのかどうかといったことも事前にわかるため

家の前にトラックが停められない場合は、少し離れた場所から荷物を運び出して、

普通よりも人出や時間がかかるという見積もりを作ることができます。

今は、インターネットの地図で現地を調べたりすることはできますが

やはり実地を見ておくのとそうでないのでは、ちょっとした違いがあって

正確な見積もりにならない場合もあります。

見積もりに記載してあるものであれば追加の料金が発生したりすることはありませんが

ダンボールが足りなくなったり、特殊作業が必要になったりすることで

時間と費用が余計にかかってしまい、お互いにイヤな思いをしてしまうことになります。

せっかくの旅立ちの初日にイヤな思いをしないように、できるだけ引っ越し業者さんに

詳しく情報を提供しておくようにしましょう。

他にも、オプションサービスとしてエアコンの着脱や不用品回収などがあるので

こちらの必要があるのかどうか、キチンと説明を聞いて

お願いするのかどうかを決めるようにしましょう。

当然、新居についても詳しく状況を知らせておく必要があります。

訪問見積りにかかる時間は大体1時間くらいと思っていてください。

1社のみで、決めるのではなく何社か見積もりを取ってみると

料金が比較できるので、お得な引っ越しができます。

ただし、全ての引っ越し業者さんを一度に呼ぶのではなく、

なるべくなら、違う時間帯や違う日に来てもらうようにしてください。

同時に複数社が来てしまうと、ゆっくり話を聞いている時間がなくなってしまい

後から、このサービスはどこの会社だったのかがわからなくなってしまい

契約したら、そのサービスは他社だったということもあります。

まずは、引っ越し業者の選別が重要!

引っ越しの見積もりを出してもらうには、訪問見積りで引っ越しの1カ月くらい前には

お願いするようにしましょう。

1社だけではなく、複数社で見積もりを依頼するとお得に引っ越しができます。

スポンサーサイト

引っ越し費用の基本は相見積もり

引っ越し用のダンボールをもらうには?なるべく費用を浮かせたい!

ダンボール箱

引っ越し業者さんから見積もりを取る時に少し多めにもらえるかどうか聞いてみる。

近所のスーパーや家電量販店などでいらないダンボールが貰えることもあります。

ワタシの場合:サカイ引っ越しセンターだと、ガッツリくれました!

スポンサーサイト

コレで相見積りを掛けました

引っ越にはダンボールが大量に必要!無料でもらう方法は?

引っ越しダンボール

引っ越しをする時には、大量のダンボールが必要になります。

サイズも大・中・小とそれぞれ揃えておくことをおススメします。

大体の引っ越し業者さんは、ダンボールを無料でくれるサービスを実施していますが

無料でくれる分だけで、全ての荷物が梱包出来ないのが現実です。

引っ越し業者さんから貰えるダンボールの数は大体家族での引っ越しの場合は

20個から30個のことが多いのですが、実際には45個から50個に

なってしまうようです。

引っ越し業者さんからのダンボールでは圧倒的に足りないという事です。

ネットなどで1箱300円くらいで売っていたりしますが、引っ越しの物入りな時に

余計な出費は避けたいのが本音です。

そこで、無料ダンボールがもらえる方法をお知らせします。

近所のスーパーやドラッグストアなどで、折りたたまれているダンボールを

見たことはありませんか。

捨ててしまうのであれば、貰える可能性があるので

思い切って店員さんに貰えるのかどうか聞いてみましょう。

以外と、あっさりと貰える場合があるので勇気を出して聞いてみましょう。

最近では、スーパーでも買い物袋を有料で出しているところがありますが

そういったスーパーではいらないダンボールがレジを通った後の台の近くに

置いてあるところがあります。

買い物に行ったついでに、購入した商品をダンボールに入れて持ち帰る

という方法もいいですよ。

コンビニエンスストアでも、ダンボールが貰えます。

コンビニエンスストアは店員さんの人数がたくさんいる訳ではないので

あまり忙しくないような時間帯に行って店員さんに聞いてみるようにしましょう。

近所の酒屋さんなどでも、ダンボールが貰えます。

ダンボールが置いてあるところを見かけたら、店員さんに勇気を出して

貰えるかどうか聞いてみるようにしましょう。

意外とあったダンボールをもらえるところ!荷造りのコツも教えます!

荷造り

いろいろな場所からコツコツとダンボールを集めて、荷造りに活用しましょう。

ダンボールと言っても、大きさや丈夫さなどの種類が

様々ありますのでこちらも参考にしてみてください。

まず、折りたたまれていたダンボールを組み立てるのですが、

この時にもコツを知っているだけで、荷物をスムーズに運ぶことができます。

ダンボールの底の中心部分が一番弱いところなので、ここを補強するような

ガムテープの貼り方をしてダンボールを組み立てます。

その方法は、そこの部分をガムテープで十の字型にして貼る方法です。

ちょうど、ダンボールの中心部分でガムテープが交差するので底の中心が頑丈になります。

そして、ダンボール自体も厚手の紙で出来ていて重たい物が

入っていたような丈夫なダンボールの方がおすすめです。

例えば、飲み物が入っていたダンボールや、洗剤などの重たいものが入っていた

ダンボールは丈夫なものが多いので、本など重たいものを梱包するのに適しています。

食器類などの割れ物も、小さ目の丈夫なダンボールに詰めて緩衝材の役割を

果たす、新聞紙などを間に入れて中に入っているものが動かないようにして梱包すると

配送途中で割れてしまうことを防ぐことができます。

大きさもそれ程大きなダンボールではないので、あまり詰め込み過ぎて重くなってしまい

一人で運べなくなるという危険もありません。

他にも大きなダンボールで丈夫にできている物は、スナック菓子などが入っていた

ダンボールで、中の商品が潰されないように厚手の紙で作ってあるので

衣類などを梱包するのに適しています。

引っ越し業者さんからレンタルしてもらえるハンガーボックスもありますので

スーツなどしわになってしまって困るような衣類はこちらに梱包するといいです。

布団などの梱包には大きなダンボールを使用することになりますが、

間違っても、緩衝材の役目も果たしてもらおうとして割れ物を一緒に入れるような

ことはしないでください。

万が一にも、中で割れてしまった場合危険です。

緩衝材として使われるのが、新聞紙やプチプチですが他にも

食器類などを梱包して隙間ができてしまった場合に、フキンやタオルなど

キッチンで使っている物を一緒に入れておくのも同じ場所で使うものなので

オススメの梱包方法です。

使う場所が同じものを同じダンボールに入れて、ダンボールの外側には

ダイニングや洋間などの場所の名前と衣類や割れ物など中に入っている物の

名前を書いておくと、開梱する時にわかりやすくて便利です。

コンビニやドラッグストアを活用するとダンボールは集まる!

スーパー店員
ダンボールは、スーパーやコンビニエンスストアで貰えるので積極的に

店員さんに声をかけてみましょう。

なるべく、紙が厚手の丈夫なダンボールを選ぶようにしましょう。

引っ越しが決定!初体験!準備のコツはある?いつから?スケジュール計画!

引っ越し準備

賃貸マンション・住宅の場合は

引っ越し場所が決まったら、はじめに現在の住まいの退去の手続きを行いましょう。

一人で初めての引っ越し!何からすればいい?準備の流れをレクチャー

不動産屋

引っ越し先が決まったら、最初に現在の住まいの退去手続きを

不動産屋さんで行います。

契約の時に退去する場合の取り決めがあるはずなので、注意してください。

駐車場やストレージボックスなどを借りている場合も解約し忘れないようにしてください。

不用品などの処分を行います。

新居での必要な物と不要な物を選定して、粗大ごみなどは引っ越す日よりも

早めに引き取りに来てもらうようにすると近所の人に迷惑を掛けずに済みます。

また、引っ越し業者に見積もりを依頼する時に不要な物まで入っていると

引っ越し費用が多くなってしまう場合があるので、特に大きな物などは

要不要を明確にしておきましょう。

引っ越し業者を選定します。

繁忙期や土日祝日などの場合は割増料金があったりする場合があるので、

コストを抑えたい場合は、それらの時期をずらすとお得に引っ越しができます。

スポンサーサイト

引越し業者は相見積もりする

引っ越し業者からの見積もりを何社分か出してもらい、比較検討して

自分に合ったプランのもので決定したら、引っ越し業者からサービスの

ダンボール箱をもらいます。

足りない場合は、近所のコンビニやドラッグストアなどで無料でもらえる

場合があるので店員さんに積極的に聞いてみましょう。

インターネットの回線の移転手続きを行います。

うっかり忘れてしまいがちなので注意してください。

引っ越し当日は、なるべくゴミ収集日を選ぶようにすると生ごみなどの

家庭ごみを捨てる事ができるのでおすすめです。

引っ越し手続きの順番と準備のことを伝授!スケジュール表を作ろう!++

引っ越しをする1ケ月前に行うこととして、

退去の手続きを行う、引っ越し業者を見積もり選定、梱包作業を始める。

引っ越し半月前にすること

不用品、粗大ごみの処分、インターネット回線の移転手続きをする。

季節以外の洋服、夏であればダウンやコートを梱包したり、

冬につかう土鍋やお客様用の食器やグラスがあればそれらも梱包してしまいましょう。

ダンボール箱には、どの部屋で使っていた物で何が入っているかを書いておく

新居に付いた時にいろいろなダンボール箱を開けずに済みます。

引っ越しをする1週間前から2週間前に行うこと

転出届を現在住んでいる役所で手続きする、電気、ガス、水道の各会社に連絡をして

引っ越しの日を知らせる、NHKへ移転の連絡をする、郵便局で

郵便物の転送手続きをする、銀行や保険会社へ住所変更の連絡をする。

引っ越し先への挨拶回りのタオルなどの手土産を購入しておくと、新居についてから

慌てずにすむのでおススメです。

この頃から本格的な梱包作業もはじめていきましょう。

引っ越し前日までに行うこと

冷蔵庫の中を処分して水を抜く、洗濯機の水を抜く、部屋の掃除をする、ゴミを出す。

転居後に行うこと

引っ越し先の役所で転入手続きを行う、免許証やパスポートの住所変更を行う。

また、次の引っ越しを見据えてなるべく捨てるときにかさばらない物でそろえて

みてはいかがでしょう。

例えば、プラスチックのケースも新居で使わなくなる場合があるので

最近では100円ショップで綺麗なダンボールで出来ている箱が売っています。

このような物を使うと、引っ越しの荷物も少なくなるし捨てる場合にも

自治体の資源ごみとして捨てる事ができます。

引っ越しを行ったら、勤務先への届出も必要です。

通勤手当などが変更になる場合がありますので、近くに引っ越した場合でも

忘れずに必ず届け出るようにしてください。

引っ越し業者に何を聞きたいのかをまとめておく!見積もりが大事!

見積り

引っ越しするのは、新しい家に入居できて気分もワクワクするのですが、

準備や引っ越し後の手続きなどたくさんのやらなければいけないことがあります。

引っ越しするまでの時間は、あっという間に過ぎてしまうので

少しずつコツコツと準備を整えていくようにしましょう。

特に、別で借りている駐車場やストレージボックスなどは解約し忘れてしまい

やすいので注意が必要です。

今まで住んでいた場所も、気持ちよく退去できるように粗大ごみなどは

引っ越し前に引き取りに来てもらうようにして、近所の人たちの迷惑に

ならないようにしましょう。

家庭ゴミはどうしても、最後まで出てしまうものなのですが、なるべくなら

ゴミ収集日に引っ越しをするようにしたり、外食などで最小限に抑えるようにしましょう。

引っ越しのついでに冷蔵庫を処分したい!引っ越し業者に頼めるの!?

冷蔵庫処分

冷蔵庫は家電リサイクル法で処分の方法が決められています。

引っ越し業者さんによっては、オプションサービスとして

引き取りを行ってくれるところもあるので頼んでみましょう。

もしくは、新居先に新しい冷蔵庫を買う時に持っていってもらうのも良いですよ!

引っ越し先では不要になった冷蔵庫・・・処分方法はどうすればいいの?

引っ越しトラック

冷蔵庫やエアコン、テレビ、洗濯機は家電リサイクル法で処分方法が決まっています。

粗大ごみと勘違いしてしまいそうですが、粗大ごみシールを貼って

ゴミ捨て場に置いていても回収してもらえません。

刑罰の対象となってしまうので、処分には注意しましょう。

また、自分で回収業者さんを頼む場合にも注意が必要です。

無許可な業者さんに引き取りをお願いしてしまうと、自分たちが必要とする

部品だけを抜いて他の部分を不法投棄などしてしまったり、

他高額な引き取り料金を取られるなどのトラブルに巻き込まれてしまう恐れもあります。

自分が住んでいる自治体の一般廃棄物処理業者であるかどうか

確認してからお願いするようにしてください。

この家電リサイクル法に指定されている物を処分する場合の方法は5つあります。

新しく購入する小売店に収集してもらう。

新居が同じ市内で新しく購入するのであれば、

リサイクル料金と収集運搬費用で解決できます。

過去にその家電を購入した小売店に収集してもらう。

県外や市外に引っ越す場合には、この方法をおススメします。

こちらも、リサイクル料金と収集運搬費用で解決できます。

リサイクルショップに買い取ってもらうという方法もあります。

こちらは買い取ってもらうという前提となっています。

引っ越しで色々と費用がかかるので、買い取ってもらえると嬉しいですね。

注意点として、やはり美品で使える物でないと買取りはしてもらえません。

他にも引き取りにお金を取られることもあるので、気を付けて事前に引き取り無料なのか

確認しておくことが必要です。

少しリスクがありますが、ネットオークションなどに出品して販売する。

引っ越しする日までに、買い手がつくかどうかや、郵送料に費用がかかるので

時間に余裕がある人が行うと良い方法だと思います。

リサイクル券を購入して指定された場所へ搬入する。

自分で処分した方が早いと思われる方は、郵便局でリサイクル券を購入して

指定場所へ搬入する方法が最適です。

自分で運べない場合は、指定の業者さんに収集の依頼をすると取りに来てもらえます。

粗大ごみにできない冷蔵庫!引っ越し業者に処分を頼めるのか調べてみた!

引越し業者と話

引っ越し業者も家電リサイクル法上の小売業者に該当しているため廃家電の

引き取りと引渡しを行っている場合があることを周知するようにという

環境省の通達が2018年6月13日にありました。

このことから、ある程度の引っ越し業者さんであれば

家電リサイクル法上の小売業者として冷蔵庫の引き取りを行っている

ということになります。

この場合、家電リサイクル券を購入する費用や収集運搬費用がかからなくて済み

引っ越しと同時なので廃棄やリサイクルの手配、保管場所の確保もいらず

手間がかからないのが特徴です。

引っ越し業者さんによっては、買取りも行ってくれているところが

あるので、事前の見積もりなど依頼した時に詳しく話を聞いてみるといいです。

新しい家電については、買取りをしてくれる可能性が高いです。

また、エリアなどによっては引き取りができない場合もあるので確認が必要です。

家電リサイクル法対象の物を引っ越し業者さんがそのまま引き取りに来てくれる場合も

ありますが、回収業者さんを手配してくれる業者さんもあるなど、対応はまちまちです。

回収業者さんを手配してくれる場合には、こちらが指定した日時に引き取りに来てくれる

ような手順になっているようです。

引っ越し当日だと慌ただしくなってしまいそうな場合には

前日などに引き取りに来てもらえると嬉しいですね。

大型冷蔵庫の処分はどうするか?査定・見積もりも必要!

見積り

引っ越し業者さんに、冷蔵庫の処分を頼む場合には見積もり時に査定を

お願いして、買取りまで出来る場合には買い取ってもらうことができます。

引越し業者は相見積もりが基本
買取りまでできなくても、処分にかかる費用や時間を削減できるメリットが

あるので、積極的に活用してみてはいかがでしょうか。

引っ越し業者さんにお願いした場合には、無許可の業者であることはないので

安心して頼めるというメリットもあります。

家電リサイクル法という法律があり刑罰の対象となります。

法律を守って今までお世話になった地域にゴミを残していかないようにしましょう。

引っ越しの準備の達人が教える!電気・ガス・水道の手続きと業者選び!

達人

電気・ガス・水道は、引っ越し当日まで使用して引っ越し先でもすぐに

使用するものなので、手続きは引っ越し日の1週間くらいまでには

それぞれの会社に連絡をしておくようにしましょう。NHKも!

郵便は転送手続きを・・・

引っ越しが決まったら電気・ガス・水道の変更手続きが必要!

引っ越し余裕!

引っ越しが決まったら、電気、ガス、水道の各会社への連絡をするのを

忘れないようにしましょう。

私は、今までで4回の引っ越しを経験していますが最初の引っ越しでは

何をどうして良いのかわからず、引っ越し先での初日にお風呂に入れず

引っ越し作業で汗だくになってしまったまま、過ごしてしまった経験があります。

電気、水道、ガスというのはスイッチ一つでどうにかなるものではないと

いうことを身に染みて感じました。

そこで、引っ越し初日から悲しい思いをしないための電気、ガス、水道の

手続きについてお知らせ致します。

電力会社の手続き

まず、電気ですが電力会社への連絡先は、領収書や検針票に記されている

インターネットのサイトにアクセスするという方法と、受付窓口に直接電話をする

という方法の2種類があります。

そこで引越しすることを伝えると、引越し当日に担当者がやって来て、

直前までの使用量をメーターで確認して精算するという流れになります。

設備の状況などによって、担当者が来ない場合もあります。

電力会社への連絡は引越しの1週間前にはすませておくようにしましょう。

水道の手続き

水道も領収書や検針票に記載されている水道事業者の受付窓口に

電話で連絡をしてください。
そこで引越しすることを伝えれば、引越し当日に担当者がやって来て、

直前までの使用量をメーターで確認して精算するという流れになります。

閉栓をしてもらわないと、引っ越してしまったのに料金を支払わなければ

ならなくなってしまう場合もあるので注意してください。

水道事業者への連絡も1週間前にはすませておくようにしましょう。

引越し先では、家の周囲にある水道のメーターボックスを確認してください。

メーターボックスの中にある水止め栓を左に回すと水道が使用えるようになります。

水道使用開始申込書というものがあるので、記入してポストに投函してください。

水道使用開始申込書が見当たらなかったり、水止め栓をひねってみても

水が出なかったりすることも稀にあるので、

そのような時には水道事業者へ連絡をしてください。

ガスの手続き

ガスは、領収書や検針票に記載されているガス会社の

受付窓口に電話で連絡をしてください。

そこで引越しすることを伝えれば、引越し当日に担当者がやって来て、

直前までの使用量をメーターで確認して精算することになります。

ガス会社によってはインターネットのサイトでも手続きが可能な場合もあります。

ガス会社への連絡も引越しの1週間前にはすませておきましょう。

引越し先では、電気や水道と違って、ガス会社の担当者がやって来て、

立ち会いのもとに開栓と安全を確認します。

ガスの場合は、連絡を引っ越し先でもキチンとしておかないと

すぐにガスを使えないということになってしまいます。

事前に引越し日を伝えてえておきましょう。

引っ越しれんらく帳というシステム

最近では、引っ越しれんらく帳というシステムもあるようで、

このれんらく帳に名前や現住所と引っ越し先の住所を入力しておけば

1回の入力で各事業者に連絡する手間も省けて、電気、水道、都市ガスに関しては

停止と開始の手続きが同時にできるそうです。

私は、今のところ引っ越しの予定がないのですが次回引っ越す時には

活用してみたいと思います。

引っ越しまでに準備することは?引っ越し業者の選び方も重要!

業者にオマカセ

引っ越しまでに準備することとしては、引っ越し業者の選定が必要です。

どの業者を選ぶのかによって、引っ越しの料金が変わって来るので

必ず見積もりを何社か取って比べてから決めてください。

スポンサーサイト

引越し業者は相見積もりが基本

引っ越しの1カ月くらい前には見積もり依頼をするようにしてください。

あまり慌ただしくなってしまうと、伝え忘れなどが出てしまい

見積金額と実際にかかった金額が違ってしまう場合があります。

基本の値段が安いからと業者を決めてしまってからオプション料金が高くて

他よりも結果的に高くなることがあるので注意が必要です。

必ず、オプション部分も使う場合は見積もりに入れてもらいましょう。

必要な物として、大量なダンボール箱があります。

引っ越し業者がサービスでくれるダンボール箱もありますが、足りなくなる

場合もあるので、近所のドラッグストアやコンビニでもらいましょう。

梱包するのに、布製のガムテープや軍手、緩衝材替わりの新聞紙も必要となります。

新聞紙は、全て捨てないようにしておきましょう。

引っ越し事前に公共インフラは連絡すること!

梱包

引っ越すギリギリまで使う、電気、水道、ガスは1週間前までに連絡をして

当日にきちんと止めてもらうようにしましょう。

引っ越し先では、すぐに使えるようにこちらも1週間くらい前までに

連絡しておきましょう。

特に、ガスは立ち合いが必要となるので要注意です。

最終的に見積内容で私は、距離が短いのと極力荷物を減らしたのとで

引っ越し見積もりは、サカイ引っ越しセンター が一番安くて、サービスが良かった!

ダンボールも言えばたくさん持ってきてくれて、洋服ダンス 和ダンス 冷蔵庫

洗濯機すべて、指定した場所にも設置してくれて仕事が早かったですよ!

毎回、サカイ引っ越しセンター を使ってます!

蛍光灯や他の諸々も、新品でほしい時はカタログで注文、引っ越しの時に

持ってきてくれますよ!

価格も、電気屋で買うより安いかも・・・

ご参考まで・・・




スポンサードリンク




スポンサーリンク
スポンサードリンク

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク

Translate »