豆乳には効果?コレステロールと血圧下げる?驚くべき豆乳パワー




豆乳にはコレステロールを下げる効果が!?驚くべき豆乳パワー

豆乳パワー

豆乳には、大豆イソフラボンや大豆たんぱく質、サポニンとレシチン

4つの栄養素が入っているのでコレステロールを下げる効果があります。

しかし、即効性があるわけではないので、長く飲み続けるようにしましょう!

 



コレステロールが気になる人必見!豆乳の効果がすごかった!

 健康診断書

コレステロールとは何かということを知っていきましょう。

コレステロールとはいうのは、脂質の一種で体を構成する基礎で細胞膜を作る材料といわれています。

体を構成する要素の材料なので、コレステロールは私たちの体に

どうしても、なくてはならない必要不可欠な成分なんです。

コレステロールの中には2つの種類があります。

いわゆる、善玉コレステロール(HDL)と悪玉コレステロール(LDL)の2種類です。

中でも、悪玉コレステロールが増えてしまうと、動脈硬化や脳出血などの

血管系の疾病リスクが高くなります。

ただ、2種類は多くも少なくも、無くてはならない存在ですが、偏った数値は良くないということです。

ただ、コレステロールって、人間の体内・寝ている時が一番、生成されているんですよ!

食べてコレステロールを摂取するよりも体内で生成される方が、よほど、多いということを知っておきましょう!

食事から取る、コレステロールは、せいぜい、多くても全体の20%くらいと言われています。元々、ワタシは家族性高脂血症といって、遺伝的に、コレステロールが高いのですが、あまり、気にしていません。

コレステロールを下げる方法はないかと、見つけたのが….

そうです!悪玉コレステロールを下げる効果が期待されているのが豆乳です。

コレステロールは腸内に入って来ると、腸の中の胆汁酸とくっついて体内へ吸収されます。
しかし、大豆たんぱく質が一緒に腸内に入ってくることにより、

コレステロールよりも先に一部の大豆たんぱく質が胆汁酸と

結合し体外へと排出されてしまいます。

肝臓で作られる胆汁酸の原料というのはコレステロールなのです。
大豆たんぱく質と結合して排出されてしまい、減少した胆汁酸を作ろうと、

結果的には、血液中にあるコレステロールが肝臓への取り込み量が増えることになります。

ということは、血液中のコレステロールは減っていくということです。

大豆たんぱく質は食事から摂取されて来た、コレステロールを

排出するということだけではなく血液中のコレステロールを減らすという

効果まであるということです。

研究で、大豆イソフラボンには、悪玉コレステロールの数を減らし

善玉コレステロールの数には影響が出なかったという結果が出ていて

善玉コレステロールを減らすことをしないで、

悪玉コレステロールだけを減らすことが出来るということがわかっています。

サポニンには、不飽和脂肪酸が多く含まれています。

コレステロールを体に吸収しにくくなるように抑えて、悪玉コレステロールを下げ、

なおかつ、コレステロールの数値を安定させるという役割があります。

他にもサポニンは毛細血管を広げるという働きをする事から、

血流が良くなる効果も期待出来、血液が詰まりにくくなります。

コレステロールはリポタンパクと呼ばれています。

レシチンはリポタンパクと結びついて体の外に排出してくれます。

その結果として、コレステロール値を下げる働きがあります。

その他にも、不飽和脂肪酸を摂取することでコレステロール値が下がるともいわれています。

EPA(エイコサペンタエン酸)DHA(ドコサヘキサエン酸)聞いたことがあると思います。

ワタシも毎日、摂取はしていますし、できるだけ、油料理にも、オリーブ油ブドウシーズ油など、植物油でも不飽和脂肪酸の油で料理するようにしています。

スポンサードサイト

ワタシが愛飲している日清食品・「DHA&EPA」

外食は極力抑えて、家で食事をすることで、なるべくコレステロールが貯まらない食事方法を実践しています。

豆乳は、毎朝一杯、近くの豆腐屋さんで 1杯 ¥100で飲むことにしています!

みなさんも、コンビニでも入手できますので、積極的に飲むようにすることをオススメします。

コレステロールを下げるには!効果のある豆乳の飲み方!

豆乳を毎日飲むこと 

豆乳のコレステロールを下げるという、その効果を引き出すためには

毎日継続して飲むことが大切です。

豆乳を飲めばコレステロールが下がると思うと、たくさん飲んだら効果も増えるのでは

ないかと思ってしまうのが普通ですね。

しかし、たくさん飲んだから効果も増えたりするわけではありません。

1度に豆乳をたくさんのんでもそれほど効果の違いはありません。

大切なのは1日にたくさん飲むのではなく継続して飲み続けていくことです。

大体1日に200mlの豆乳を飲むと4週間後に

コレステロールが下がりはじめたというデータがあります。

個人差はありますが、ここを目安に飲むようにしてお試しください。

最近では、トクホの豆乳も出ていますので、こちらを活用してもいいですね。

長く飲み続けるにしても、味が飽きてしまったり、豆乳のあの味が苦手という人には、

近頃はいろいろなフレーバーの豆乳も出ていますし自宅で簡単なアレンジも出来ます。

コーヒーに混ぜたり、100%のジュースと混ぜたりすると飲みやすくなります。

ミキサーがあるようでしたら、バナナ豆乳ジュースを作ってみてもいいですね。

私は、バナナ豆乳ジューズの中にきな粉を混ぜたりしています。

寒い日には、市販のカップスープの素に豆乳を入れて

レンジでチンするだけで、手軽に温かいスープが作れます。

まとめ

豆乳鍋も美味しい 

豆乳には、コレステロールを下げる効果がある栄養素が含まれているので

長く飲み続けていれば効果が期待出来ますよ!

朝、朝食後に必ず豆乳を飲むやお風呂上りに豆乳を飲むなど

自分の生活の中にルーティーンとして組み込んで飲み続けて行きましょう。

料理にもレパートリーが増えていいですよ。

豆乳鍋なんかも野菜も取れてタンパク質も取れて、一石二鳥です!

ただ、豆乳にだけ効果を頼ってはいけません。

やはり、規則正しい生活やバランスの取れた食事、運動なども

積極的に取り入れて行ってください。

大豆タンパクやレシチンなど、大豆にはたくさんの必須アミノ酸も含まれていますのでオススメです。案外、現代人というより日本人は食事に炭水化物が多いのでタンパク質を摂取するにも豆乳や豆腐などより良く、食べることが大事です。

野菜の繊維質(ビタミン)・タンパク質を積極的摂取していればあまり太らない体質改善にもなります。

是非、豆乳パーワーを取り入れましょう!




スポンサードリンク




スポンサーリンク
スポンサードリンク

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク

Translate »