赤ちゃんと飛行機で旅行はあり?なし?子連れ旅行への世間の声




赤ちゃん飛行機内

赤ちゃんと飛行機で旅行はあり?なし?子連れ旅行への世間の声

赤ちゃんを連れて飛行機に乗る旅行はなしではありませんが、

機内で人に迷惑をかけないようにするための準備はキチンとして

行くことをおすすめします。

ママさんたちの赤ちゃんの肌ケア悩み解決はコレしかない!

スポンサー



飛行機に赤ちゃんが乗るってどう思う?世間の声をアンケート調査!

赤ちゃん飛行機乗る

飛行機を利用する人の目的って様々ですよね。

観光目的で乗っている人もいるし、仕事で乗っている人もいる。

眠りたい人もいれば、仕事の資料を読んでいたい人もいます。

自分たちだけの乗り物ではないことをしっかりと理解して

旅行に出かけるようにしましょう。

 

世間の声も、乗ってはいけないとは言わないけれど機内で騒がしく

されるのは困るという意見が多かったようです。

大人の搭乗客でも迷惑な人はたくさんいると思うのですが、

何故か赤ちゃんと飛行機の旅行になると迷惑がる人が多いようです。

ですから赤ちゃんと一緒の旅行をする場合には、しっかりと事前に準備をして

楽しい旅行に出かけられるようにしましょう。

航空会社のサービス

例えば、航空会社の子供連れでのサービスにはどのような物があるのか

というのも調べておくと心強いですね。

飛行機の予約を取るところから、赤ちゃん連れということを伝えて

座席も他の人の迷惑にならないような、赤ちゃんのお世話がしやすい

席を取ってもらいましょう。

赤ちゃんがお昼寝をしている時間帯に搭乗できるような便を予約するのもおすすめです。

航空会社によっては、赤ちゃんとの飛行機旅行についての冊子を出している

会社もあり、ウェブページからPDFで見られるようになっているたりするので

こちらを参考にして機内でのサービスやあやし方などを調べておくと良いです。

日常生活では出発までの間に、赤ちゃんの生活サイクルを決めておきましょう。

こうすることによって、そろそろ眠くなるなとか、オヤツが食べたくなる時間だななど

赤ちゃんの機嫌が悪くなる前に先手を打つことができます。

搭乗前には、オムツ替えなどは済ませておくようにしましょう。

生理現象なので、なかなか難しいとは思いますが搭乗した途端に

オムツが濡れていて泣き出すということがないようにしておきましょう。

泣くとうるさいし迷惑?でも赤ちゃんより親の態度に不満が!?

泣く赤ちゃん

ブログなどでは、機内で大泣きされて非常に迷惑をしたという書き込みや

実際に親御さんに注意をしたという内容の書き込みもあり、

それに対する反応も様々あるのが事実です。

ですが、一生懸命に泣いている子どもをあやしているお母さんに対して

迷惑だという非難の声は、ほんの一部の人しかされていないようでした。

自分たちだって赤ちゃんの頃があったのだからとか、赤ちゃんは泣くのが仕事

なんだからと思っていて、子どもが泣いていても文句があるのかという態度の

親御さんに対しての不満はとてもたくさんありました。

たぶん誰もが、赤ちゃん自身に対して文句があるわけではないのです。

搭乗した時に、赤ちゃん連れが自分の座席の近くにいるなと思った時点で

相手は相当警戒していると思います。

多分、赤ちゃんを連れている親御さんもその雰囲気を敏感にキャッチしていて

お互いにギクシャクした雰囲気を持ってしまっているのではないでしょうか。

ここは、こちらが大人になって一声事前にかけておくと後から赤ちゃんが

泣いてぐずってしまったりした時でも、相手が持つ感情に差が出てくると思います。

先手を打って、泣いてしまうかもしれません、ご迷惑をおかけします。

などの一言をかけておくのも対人関係を円滑にするのには有効です。

荷物が多くなってしまいますが、取り出しやすいところに

赤ちゃんグッズ、哺乳瓶やおしゃぶり、タブレット、絵本、お絵かき道具

お菓子などを用意しておいて、ぐずりそうになったらすぐに出して

気を紛らわせるようにしましょう。

 

特に、離着陸の時は気圧の変化によって赤ちゃんの耳が痛くなり

泣いてしまうことがあるので、おしゃぶりやラムネ菓子を口に

入れてあげるなどして、気圧の変化に対処しましょう。

ぐずってオモチャやお菓子に見向きもしないようであれば、親御さんの持っている

タオルなどを活用して、いないいないばあなどをして遊んであげるのも効果があります。

一生懸命に赤ちゃんをあやしている姿と、事前のお詫びで飛行機の中の雰囲気は

だいぶ違ったものになると思います。

まとめ

赤ちゃん連れの飛行機旅行には、周囲の人への気配りを忘れないようにしましょう。

航空会社の赤ちゃん連れの人のためのサービスは有効に活用しましょう。

赤ちゃんが機内でなるべくぐずらないようにするために、地上で済ませることが

できるものは済ませておくようにしましょう。

赤ちゃんのぐずり対策グッズは取り出しやすいところに入れておきましょう。

同じ飛行機に乗った全ての人が気持ちよくフライトできますように・・・




スポンサードリンク




スポンサーリンク
スポンサードリンク

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク

Translate »