飛行機で赤ちゃんの泣き声がうるさい問題!どうにかできないの?




航空会社 飛行場飛行機で赤ちゃんの泣き声がうるさい問題!どうにかできないの?

赤ちゃんと一緒に旅行をしてはいけないとは言えないので、耳栓を使う

赤ちゃんが乗らないような早朝便か、赤ちゃんが寝ていそうな深夜便を

利用するなどの対策を取ってみてはいかがでしょう。

中々、隣に座っていても、近くに赤ちゃんがいて鳴き声がうるさいと思っていても
赤ちゃんにいっても、親御さんに言っても、泣き止むものでもないので気にしないようにするか耳栓でも持参しておく方が精神的にも楽です!

ママさんたちの赤ちゃんの肌ケア悩み解決はコレしかない!

スポンサー

もしくは、ヘッドホンで音楽を聞くのも方法です!

Winzwon 耳栓 防音 安眠 ライブ イヤプラグ 旅行 飛行機 空港 現場作業 勉強 水洗い可 耳保護 視覚保護 携帯ケース付き



仕事で飛行機に乗る時は仮眠をとりたい!赤ちゃんが泣いていると迷惑!?

飛行機内

飛行機のあの狭い空間で、しかも逃げ場がない状態の中で赤ちゃんに泣かれると

正直イラっとしてしまいますよね。

ほんの少しの間であれば何とかガマンもできますが、長時間泣かれた日には

頭から湯気が出ちゃいそうになります。

こんな飛行機に乗り合わせてしまった時のために、耳栓を用意して乗るようにしています。

飛行機の予約をする時にも、最近では子どもが座る場所には子どもマークがついている

場合があるので、その近辺の座席は取らないようにしてみたりしています。

他にも早朝の便に乗ったり、逆に赤ちゃんが寝てくれていそうな

深夜便に乗ったりという対策をとるようにしています。

赤ちゃんが泣いていると迷惑というよりも、その親の態度が一番迷惑です。

申し訳なさそうにしていてくれるのであれば、少しは気も安らぐのですが

赤ちゃんなんだから仕方ないといった態度でいられると

どうしてもイライラがマックスになってしまいます。

やはり、いろいろな理由で知らない者同士が乗り合わせ公共の乗り物なので、

親御さんも、開き直ったりせずにいてもらえると飛行機の中の雰囲気も

少し違ったものになるのではないでしょうか。

少し、気を使うことも大事なことなので、近辺の方にご挨拶するだけで環境がぐっと良くなりますよ!

飛行機で赤ちゃんがうるさいと感じたことはある?解決する方法は?

赤ちゃんの泣き顔

飛行機で赤ちゃんがうるさいと感じたことをがある人は結構いるようですね。

大体、赤ちゃんは周りが静かになっているような時に泣き始めたりするものです。

でも、同じ飛行機に乗り合わせてしまった場合には途中で降りるわけにも

いかないし、とにかくこの場をなんとか良い雰囲気にするしか方法はないですね。

うるさいから黙れと言っても赤ちゃんにはわかりませんし、そんなことで

泣き止むのであれば、親がとっくに泣き止ませているだろうし。

親御さんが、どうしようとドキドキしてしまうと赤ちゃんにもその不安が

伝わってしまい、ますます泣き出してしまうことになります。

私たち周りにいる者が、親御さんを責めるような態度を取るのではなく

一緒にあやしてあげるような気持ちになってみるのも効果があるのではないでしょうか。

隣に座った、知らない人に声をかけられると赤ちゃんもびっくりして

泣き止むということもあります。

他にも、今までと違った物が出てくるとそちらに興味を惹かれて

泣き止むことがあるので、自分が持っているハンカチやタオルを

ひらひらさせるだけでも効果があります。

眠そうで泣いている赤ちゃんの場合には、少し恥ずかしいけれど子守歌を

歌ってあげるのも効果があっていいかもしれません。

知らない人の聞いたことのない声の歌というのも赤ちゃんには新鮮に聞こえて

聞くことに興味を持ってしまい泣くのを忘れてしまいます。

スーパーなどでもらえるビニール袋をガサゴソと音を立てるのも

赤ちゃんが泣き止むのに効果があると聞きました。

姪っ子が遊びに来た時に試してみたら効果があったので

機内でも試してみる価値があると思います。

他にも、赤ちゃんが泣き止む音が出るアプリなどもあるので、親御さんが持って

いないようであれば教えてあげたりするのも対策になります。

親御さんに教えてあげる、赤ちゃんの泣き止ませ方として耳の中をこちょこちょする

という方法もあります。

赤ちゃんは耳の中をこちょこちょされると気持ち良くなって泣き止むそうです。

大人でも、耳かきしてもらうと気持ちよくて眠くなってしまいますよね。

たぶんそれと同じ効果があるのではないでしょうか。

知らない人に色々とアドバイスをするのは、ちょっと気が引けてしまいますが

心地よくフライトをするためには少し勇気を出してみましょう。

赤ちゃんのことは、その子の親に任せておけばいいんだと思っていると

なかなか泣き止まない場合イライラが募るばかりになってしまいます。

自分も当事者として受け止めてみるもの対策の1つになりそうです。

まとめ

どうしても、赤ちゃんと一緒の飛行機に乗りたくない場合には

フライトの時間を早朝か深夜に変更する。

余分に料金がかかってしまいますが、ビジネスクラスなどに搭乗する。

赤ちゃんが乗るというマークがついている座席の近くは予約を取らない。

赤ちゃんが飛行機に乗っている場合も考えて耳栓を用意する。

など、事前の対策を取るようにしてみましょう。

しかし、何かの縁で同じ飛行機に乗り合わせたのですから

お互いに楽しいフライトになるように、一緒にあやしてあげたりするような

心の余裕も持ち合わせていたいですね。




スポンサードリンク




スポンサーリンク
スポンサードリンク

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク

Translate »