夏バテ解消法!対策!まずは食べ物で改善の豆知識!




夏バテの解消法を知りたい!食べ物で改善できる?夏バテ対策

夏バテ対策はどうしてる?

夏バテ対策はどうしてる?

夏バテを食べ物で改善するのなら、夏野菜とたんぱく質がポイントです。

積極的に食べ物を改善しましょう!

暑いからと冷たい飲み物、スルスルっと、そうめんや冷や麦など食べやすい麺類に走りがち!

炭水化物が多くて、タンパク質が少ないので悪循環!気をつけましょうね!



毎年の夏バテをなんとかしたい・・・食べ物から見直してみよう!

酸っぱいもので、食欲増強!ビタミン豊富!

酸っぱいもので、食欲増強!ビタミン豊富!

毎日暑い日が続くと喉が渇いてしまい水分を多くとってしまうために

胃液が薄まり、消化機能の低下などを引き起こして食欲が低下し

体力が低下することによって夏バテとなります。

体力が低下してしまうので、ますます食欲はなくなってしまうという

悪循環が繰り返されてしまうのです。

今年こそは夏バテにならないように、まずは食欲低下を起こさずに

体力をつけておくようにしてみましょう。

それには、食事が重要です。

夏バテになると、どうしてもあっさりしたものや冷たいものばかりを

食べたくなってしまいますが、栄養が偏ってしまうために余計に

夏バテを招いてしまいます。

特にビタミンやミネラル、たんぱく質が不足した状態になってしまい

体に支障をきたすことになってしまいます。

昔の人は、季節のものを食べると病気にならないと良くいっていたと思います。

うちのおばあちゃんなども、生前はよくそんなことを言っていました。

季節のものや、ご当地の食べ物を食べると、パワーを貰えます!パワーフードと言われています!

冷やしトマトは食欲不振の時などには食べやすくてビタミンやカリウムなどが含まれて

いるので簡単に栄養価が優れているものが摂取できるのでおすすめです。

トマトジューズやトマトスープなどにして飲むのも良いです。

枝豆もビタミンB1やビタミンC、たんぱく質が含まれている食材なので

落ちて来てしまった栄養素を補う事ができる食材です。

今は、日よけとしても育てられているゴーヤもビタミンやカリウムなどが

含まれているので、夏バテ解消の食物としておすすめです。

他にもカボチャにも栄養素がたくさん含まれている食材なので

積極的に摂ることをおすすめします。

グレープフルーツやレモンなどの柑橘類も夏バテ解消には効果的です。

柑橘類にはクエン酸が含まれているので疲労回復と食欲増進に効き目があります。

学生の頃、夏の部活の時に輪切りにしたレモンを食べていたことを思い出しました。

夏バテにならなかったのは、あのレモンのお陰だったのかもしれません。

ウナギもスタミナがとても豊富な食べ物で土用の丑の日として有名ですね。

夏バテで食欲も体力も落ちてきている時に食べるという習慣です。

この日に食べると決まっていると、食べなきゃいけないなと思って

ついつい食べることにより夏バテを解消する一助になっているように思います。

他にも牛肉や鶏肉、豚肉などもおススメの食材です

落ちてしまったスタミナを取り返すためにも積極的に摂るようにしましょう。

夏バテ解消法のコツとポイント!夏に負けない体を作ろう!

土用丑のうなぎ!ビタミン豊富でスタミナ満点!

土用丑のうなぎ!ビタミン豊富でスタミナ満点!

夏バテを解消するコツについては、暑いとどうしても体を冷やそうと

思ってしまいますが、これは逆効果になります。

温かいお茶やミルクなどを飲むのも効果的ですし、今はやりの甘酒なども

たくさんの栄養が含まれているのでおすすめです。

暑くて寝苦しくなってしまうと睡眠不足になってしまいます。

睡眠不足も夏バテの原因となりますので、夜寝るときにはエアコンは

タイマーで切れるような設定にしておくと寝付く時には涼しく

寝入ってから寒くならないので快眠できます。

日中は、自分の体に寒暖差を与えないように上着を1枚持っているようにして

室外では、上着を着ないでおいて室内に入った時に上着を羽織るようにしましょう。

激しい寒暖差は自律神経を酷使するので、体力を消耗してしまい

夏バテの要因となります。

日頃から軽い運動などをして体力を付けておくことも必要ですが、汗をかくということは

体温調整をする機能を使うのに慣れているということになります。

早朝や、日が暮れてからなどの涼しい時間帯にあまり激しい運動ではなく

ウォーキングなどをして汗をかく習慣を身に着けるのもおすすめです。

入浴時には半身浴などを取り入れてゆっくりと湯船につかってリラックスする

ことによって体の疲れを取るのと同時に熟睡効果も得られます。

まとめ

夏バテを解消するには、疲れを翌日まで残さないようにするために

よく寝て、バランスの良い栄養価が高い食事をすること。

水分ばかりをたくさん取らないように注意すること。

冷たい飲み物も、なるべくたくさん取らないようにしましょう。

軽い運動をして汗をかいて体温調整の機能をきちんと働かせる練習を

することが大事です。

今年こそ暑さに負けずに、夏を思いっきり楽しみましょう。




スポンサードリンク




スポンサーリンク
スポンサードリンク

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク

Translate »