ダウンジャケットを洗濯したい!失敗しないポイントとコツを伝授




ダウンジャケットを洗濯したい!失敗しないポイントとコツを伝授

ダウンジャケット

ポイントとコツは、いかに型崩れを防ぎふわふわに仕上げるかです。



自分でダウンジャケットを洗濯したい!失敗しないコツを知ろう!

洗濯機

まずは、洗剤ですが市販の「おしゃれ着洗い」を使用しましょう。
生地を傷めないように、ファスナーやボタンは必ず留めてください。

そして手洗いの場合はこのような手順で、洗濯してください。
タライやバケツもしくは、洗濯槽の中にぬるま湯(30度くらい)をはり
おしゃれ着洗剤を入れて、ダウンジャケットはたたんである状態で浸します。
ゆ~っくりと、優し~く押し洗いをしてください。
もみ洗いやこすり洗いなどは、中のダウンが偏ってしまうのでNGです。

次にすすぎですが、2回から3回お水を替えてすすいでください。
洗剤や汚れがなくなり綺麗なお水になるまでお願いします。

バスタオル

そして、脱水ですが、バスタオルやタオルにダウンジャケットを
くるんでお水を切ってください。

洗濯機で洗う場合は、まずダウンジャケットはネットの中に入れてダウンジャケットが
浮かんでこないように、空気を良く抜いてください。
洗濯機の設定は、おしゃれ着洗いモードや手洗いモードなどの
普通よりも優しく洗う方法の設定をしてください。

洗濯機設定

洗濯機を使う場合、一番注意するのは脱水の時です。
通常の洗濯のように長い時間で脱水をしてしまうと中のダウンが
偏ってしまい型崩れをしてしまうので、短い時間で何回か
繰り返して途中で、形を整えることをおススメします。

形を整えないと、中のダウンが固まってしまいふわふわに仕上がりません。

洗濯表示

干し方ですが、手洗いの場合も洗濯機を使った時の場合も同様に
形を整えて風通しの良いところで2日から3日くらいしっかりと干しましょう。
また、色の濃いものなどは直射日光にあたると色があせてしまったりするので、
なるべく長い時間、直射日光にあたらないように工夫してください。

乾燥機を使って乾かすのも、一つの有効な手段です。
ふわっふわで羽毛の偏りも防げて一石二鳥の仕上がりになっちゃいます。

もし、失敗しちゃったら?ダウンジャケットを復活させる方法!

失敗

先日、私もうっかりやってしまったのですが、ダウンジャケットを
洗濯している間に他の掃除を終わらせようとしていたら
洗濯していたことをすっかり忘れてしまい、洗濯機の中に放置してしまいました!

「きゃーっ!!」洗濯機から出してビックリ!ぐちゃぐちゃ、ぺったんこ状態!
残念ながら、こうなってしまった場合は再度お水に浸して素早く干すことです。

まとめ

結局、二度手間になってしまい片付けるまでに時間を取ってしまいました。
くれぐれもダウンジャケットを洗濯していたことを忘れないでくださいね。

自宅で洗濯出来るダウンジャケットは革などの素材以外のものだけです。
けっして、革製品で出来ているダウンジャケットは洗わないでください。

初めてダウンジャケット自分で洗った時に感じたのは、
「自分で洗えるんじゃん」という不思議な、達成感がありました。
プロにしか出来ないと思っていたからかもしれません。ちょっと楽しい経験でした。

自分で洗濯出来るようになると、今まではちょっと汚れが気になっていても、
クリーニング代を考えて1シーズン我慢していましたが、
これからは、汚れたな~~と思ったら自分で洗えるので
妙に汚れを気にしなくて済んで、気分よく着られるようになったと思います。

子供たちのダウンジャケットも、常にきれいな状態で汚れも気にせず
着せてあげられるので「汚さないで~」という心の叫びもなくなりました。

自分でダウンジャケットの洗濯って、精神衛生上にも良いものでした。
あなたも、自宅でダウンジャケット洗濯してみてはいかがでしょう?




スポンサードリンク




スポンサーリンク
スポンサードリンク

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク

Translate »