快眠のためにできるツボって?食べ物でよりよい睡眠をとる方法!




健康パズル



快眠のためにできること!食べ物でよりよい睡眠をとる方法!

 

快眠を得るためには、メラトニンや脳の働きを鎮めてくれるセロトニンが必要になってきます。

この2つのホルモンを作り出すのが、トリプトファンという物質です。

この物質を食事から取り入れて快眠を得られるようにしましょう!

食事って?知りたくありませんか?快眠できる食べ物を!

 

眠りってとっても大事!快眠に導いてくれ食べ物ってあるの?

 快眠とは?

以前は、寝付きが悪くてベッドの中で寝がえりを打つばかりで

ちっとも睡魔がやって来なくて困っていました。

やっと眠れたと思っても、睡眠が浅いらしくて朝起きても

疲れがちっとも取れていなかったり、昼間に眠くて仕方がないという

毎日が続いてしまっていました。

こんなことでは、仕事や日常生活に支障が出てしまうのではと思い

自分の夜の行動や快眠を得られるような食べ物について調べてみました。

夜寝るときには人間の体の中で、睡眠ホルモンと言われている

メラトニンと脳の活動を鎮めさせてくれるセロトニンという物質が

分泌されているとのことでした。

この2つのホルモンを作り出すのに重要な役割を果たしてくれるのが

トリプトファンという物質で、この物質を多く含む食品を

食べることにより快眠へと導いてくれるのだそうです。

実は必須アミノ酸ですね!

では、一体どんな食品の中にトリプトファンが多く含まれているのでしょうか。

まずは、チーズやヨーグルト、牛乳といった乳製品に含まれているとことです。

寝る前に温めた牛乳を飲んだり、ヨーグルトを生活の中で積極的に

食べるなどすると生成されやすい。

お肉類や卵といったたんぱく質もトリプトファンを多く含む食品だそうです。

牛肉や豚肉などが効果的なので、目玉焼きや生姜焼き、牛丼などの

メニューがおススメです。

ショウガは、体温を温めてくれる食べ物なのでお肉と一緒に食べると

より効果が期待できます。

他にもナッツ類にもトリプトファンが含まれているので、

夜寝る前に少し小腹が減ったかなと思ったときに食べてから眠るのも良いです。

しらすやかつお、まぐろ、いわしといったお魚の中にもトリプトファンが

入っていますし、納豆や味噌や枝豆にもトリプトファンが含まれています。

快眠を助けてくれる食べ物と効果的な食べ方!快眠グッズも!

ヨーグルト

私は、朝は納豆ご飯とお味噌汁もしくは、ヨーグルトとシリアルに牛乳といった

メニューを食べるようにして、昼食は自分で作るお弁当の場合は、

玉子焼きといわしのトマト煮や焼き肉などを作って食べるようにしました。

タンパク質を多く摂るようにします。

理由は、タンパク質は必須アミノ酸です!

なぜ、朝食と昼食にトリプトファンが多く含まれている食材を使った

メニューにしたのかと言うと、トリプトファンがメロトニンやセロトニンに

変化するのにどうしても時間がかかってしまい夕飯では間に合わないという

研究結果があったからです。

このような食生活を続けていたところ、最初はあまり効果がないように感じていましたが

3週間もする頃から、気が付かないうちに寝付いていた日が何日かあるようになりました。

また、朝の目覚めも良くなったように思います。

眠れない、眠れないとイライラすることもなくなりました。

 

食材の他にも快眠を得られるグッズが販売されているので、こちらを

活用してみるのも良いと思います。

明るさや音が気になる場合には遮光カーテンや耳栓が良いです。

自分のいびきや、口呼吸によるのどの渇き、鼻のつまりで眠りが浅くなってしまう人には

口呼吸を防止するテープや鼻孔を広げて鼻から空気を取り込みやすしてくれる

効果があるテープの活用が最適です。

冬場に足が冷えて眠れないという人には、お湯を入れて使う湯たんぽや

電子レンジで温めて使える湯たんぽなどが効果的です。

逆に夏場の熱帯夜などで眠れないという人には、ひんやりするパッドや

除湿器などを使うと効果があります。

もう少し、根本的な所から見直す場合にはマットレスや枕などを

自分に合ったものに変えてみるというのも手だと思います。

私は、近所の百貨店でピローフィッターさんに診てもらい枕を新しくしてみました。

上向きで寝ても、横向きで寝てもピッタリフィットする枕に変更したおかげで

ますます、寝付きが良くなりました。

スポンサードサイト

ピッタリフィットの枕
 

冬場の湯たんぽも、とても快適でぬくぬくして気持ちいいなと思った瞬間に

寝入ってしまっていました。

まとめ

寝起き悪い 

眠りが浅かったり質が悪かったりすると、昼間の時間に頭がボーっとして

しまったり、凡ミスをおかしてしまったりと日常生活に支障をきたしてしまいます。

トリプトファンが多く含まれている食材を調理して摂取することは勿論のことですが、

軽い運動なども行って、体を適度に疲れさせ眠る空間も快適な状態にすることにより

快眠を得ることができます。

快眠とは、常日頃からの生活習慣で得られるものなのですね。

ちょっと、食べ物を意識してみて下さい!

意識するのとしないのとでは全然、効果が違います。

また、食べ物・飲み物・一番肝心なのは、生活習慣を規則正しくすることです。

まずは体内時計を整えましょう!

ご参考にしてくださいね!




スポンサードリンク




スポンサーリンク
スポンサードリンク

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク

Translate »