快眠に効果的な飲み物は?睡眠の質を高める眠る前の過ごし方!




ホットミルク



快眠に効果的な飲み物は?睡眠の質を高める眠る前の過ごし方!

ホットミルクや、豆乳、ハーブティなどが快眠に効果的な飲み物です。

一番のオススメは、やはり、ホットミルクですね。

冬は特に、あたたかくて、胃腸にも優しく、身体が心地よくあたたまって、眠りを誘います。

眠る前には、ゆったりとした気持ちで読書や音楽を聴いて過ごすのも、快眠するコツです。

人間は、一番眠たいときに寝るのが一番の快眠の方法です。

 

快適な眠りにつくには?眠る前の過ごし方で睡眠の質が変わる!

 快適な眠り

人生の3分の一は眠っていると言われているように、私たちの人生において

睡眠がかなりな部分を占めているということがわかります。

 

昼間の不調は、快眠できないことによる弊害と考えてもいいと思います。

では、どのようにしたら快眠を得られるようになるのかですが、

朝起きた時と夜寝る前の習慣が重要です。

習慣とは、人それぞれが持っている、体内時計を活用すれば簡単です。

そのためには規則正しい生活が、基本です。

朝の行動

まず、朝起きた時には十分に陽の光を浴びるようにしましょう。

毎日、同じ時間に起きることも重要なポイントです。

休みの日だからと、寝坊してしまうと体内時計が狂ってしまいます。

朝食をとる

そして、きちんと朝食を摂って仕事に出かけるようにしましょう。

慌てて家を飛び出すということがないようにしてください。

このような習慣を付けることによって、体内時計を正常に働くようにしていきます。

昼間の行動

日中は、軽い運動なども心掛けるようにしましょう。

疲労の緩和として睡眠があることから、適度な運動による疲労は

よりよい睡眠へと導いてくれると考えられます。

昼間であれば、少しくらいの心拍数が上がる運動、例えばジョギングや、

水泳なども効果があります。

就寝前の行動

寝る1時間半くらい前であれば、近所にお散歩に出かけるのが良いです。

ゆっくりと、季節を感じながら歩くのが効果的です。

夜寝る前の習慣としては、部屋の照明を少し暗くしてリラックスして過ごすようにします。

テレビやスマホなどは、ブルーライトの明るい光によって脳が冴えてしまうので

本を読んだり、好きな音楽を聴いたりして過ごします。

お風呂は?

お風呂は、眠る1時間から30分くらい前には入っておくように心掛けましょう。

お風呂の温度は38度くらいの少し温いかなと思うくらいの温度が良いです。

できれば、お風呂の照明も少し暗くすると良いです。

あまり暑いお湯42度などですと、交感神経が高ぶってしまい脳が刺激されて

眠れなくなってしまいます。

寝るときの衣類

最近では、Tシャツに短パンのような姿で眠る人も多いと思いますが、

パジャマは、眠るのに最適な服装として作られているので、

できればキチンとパジャマに着替えて眠るのも快眠を得る方法です。

寝る15分くらい前に軽いストレッチをするのも効果があります。

ゆっくりと、首や腕、足、背中などを伸ばすストレッチを行います。

ストレッチで少し体温を上げて、ベッドに入ると徐々に体温が下がり出すことにより

自然な状態で、睡眠へと導いてくれます。

快眠を得るには、枕も重要なポイントです!

自分の高さにあったもの・柔らかさ・自分で違和感のない適度な硬さなどを考えて枕の選び方も重要ですね!

スポンサードサイト

最近では抱き枕が最高ですね!

基本はノンカフェイン?快眠に効く飲み物ランキング!

メラトニンとセロトニン

快眠に効く飲み物と言えば、ホットミルクが代表的ですね。

他にも、豆乳やハーブティが快眠に導いてくれる飲み物です。

ホットミルクや豆乳には、アミノ酸が含まれておりアミノ酸は快眠に必要な

メラトニンという物質に夜になると変化してくれます。

他にもセロトニンという物質に変化するので、目覚めが良くなるとも言われています。

他にもハーブティも快眠効果が得られる飲み物です。

中でも、カモミールティは効果がとてもあるようです。

体を温める効果があるお茶として生姜湯がありますが、市販の中にはカフェインが

含まれている場合がありますので、カフェインレスのものを選んで

飲むようにしてください。

お酒は寝付きに良いと思われている人が多いかもしれませんが、

飲む量によっては全くの逆効果です。

お酒を飲むと利尿作用があるために朝方になるとトイレに行きたくなったり

血行が良くなることによって鼻の粘膜が腫れてしまい、

空気が通りにくくなってしまうために、酸素を十分に供給することができなくなる

という原因により眠りが浅くなってしまいます。

少量のお酒でガマンできる人であれば、ビール1本くらいであれば大丈夫ですが

そこで、やめることができない人であれば最初から飲まない方が良いです。

カフェインが入っている飲み物は、覚醒作用があるのと同時に利尿作用もあるので

快眠を妨げてしまうので、寝る前に飲むのはやめましょう。

※注意が必要なのは、お酒を頼りすぎて、それが習慣となってしまうと段々と、飲む量も増えていきますので、注意が必要です!

できれば、お酒を頼らない方がいいでしょう!

まずは規則正しい習慣を、まず1週間は厳守して、体内時計を活用しましょう!

まとめ

 目覚まし時計

人生の3分の1は睡眠時間ということから、快眠=昼間の時間の充実できるようになります。

規則正しい生活

快眠を得るためには、規則正しい生活をして体内時計の時間を狂わせないこと。

軽い運動をする

軽い運動を行い、体を適度に疲れさせておく。

ぬるめの風呂に浸かる

ぬるめのお風呂になるべく就寝1時間前までに入る。

照明は明るくしない

テレビやスマホは寝る前には見ないで、少し照明を落とした部屋でゆったりと過ごす。

快眠を得る飲み物を飲む

覚醒作用や利尿作用のある飲み物は避けて、快眠に導いてくれる作用のある

セロトニンやメロトニンという物質が入っている飲み物を飲むようにする。

寝る前準備

軽くストレッチをして体温を少し上げてからベッドに入る。

以上のことを行って、質の良い眠りを得ましょう。

まず、基本は規則正しい生活から、始めましょう!




スポンサードリンク




スポンサーリンク
スポンサードリンク

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク

Translate »