覚えておきたいテーブルマナー!洋食の基本から勉強しよう!




覚えておきたいテーブルマナー!洋食の基本から勉強しよう!

テーブルマナー洋食編 

テーブルにたくさん並んでいるナイフやフォーク、スプーンなどは

外側から順番に使っていきましょう。

欧米の文化なのでレディファーストが基本です。

大体!これさえ知っておけば、マズマズです。

フィンガーボールだけは、指を洗うということは知っておいて下さい!

シルバーのボールにレモン水が入っているのがフィンガーボールです!



大人のたしなみ!洋食のテーブルマナーを習得しよう!

 結婚式テーブルマナー

テーブルマナーをしっかり教えてもらった覚えがなくて、友人の結婚式や

知り合いのワインパーティーなどに出席するとテーブルに

ピカピカに光るナイフやフォーク、スプーンが所狭しと並んでいて

気後れしてしまいますよね。

もう、いい加減いい歳なのだしオドオドしながら食事をするのも

せっかくのお料理が美味しくなくなってしまうので、ここはしっかりと

テーブルマナーを身に着けて堂々と振舞いたいですね。

 

まずは、会場に入ったところからですが椅子に着席や退席する場合には

椅子の左側から行います。

そして洋食のマナーなので、レディファーストが基本です。

女性が一緒にいる場合には、女性が椅子に座ってから男性が椅子に

座るようにしましょう。これ大事ですよ!

ナプキンからカトラリーの使い方!基本をしっかりマスターしよう!

 ナフキンの扱い方

基本的には、外側から置いてあるナイフとフォークから使い始める

ということですが、他にも注意することはどんなことなのか、調べました。

ナプキンは、席についてすぐに膝の上に引いてもよいそうです。

理由としては、グラスに注いでもらったお水が結露して

膝の上に落ちてしまうかもしれないからだそうです。

他にも、ワインをテーブルにこぼしてしまった場合にナプキンを使用するのは

いけないことだそうです。

ナプキンの本来の使い方は、口や指の汚れを拭くためのものだからだそうです。

途中でどうしても席を立つ場合には、ナプキンを椅子の上に置いておきます。

綺麗に畳んでおく必要はありません。

また、食事が終わった合図はテーブルの上のデザート皿の右上あたりに置きます。

お料理がサーブされるようになったら、まずはじめに前菜が出されます。

いちばん外側にあるナイフとフォークを使って食べ始めます。

予め、献立メニューを見ておきましょう!コースは大体その通り順番にカトラリーが並んでいます。必要のない時は、サーバーの方が、カトラリーが不要な場合は持っていっていただけます。

サラダなどの葉物野菜が出た場合は、大きなものはナイフで切ってから口に運びます。

次にスープが出されますが、こちらはスープ用の丸い形のスプーンを使います。

飲み方は音がしないように飲むのは勿論ですが、スプーンを手前から奥に向かって

動かしてスープをすくいます。

最後の方になってすくえなくなって来たら、スープ皿を右奥に傾けて

その部分のスープをスプーンですくって飲みます。

メイン料理はお肉とお魚があります。

まず、お肉の食べ方ですがよくお肉を全部切ってしまってから食べ始める人を

見かけますが、これをしてしまうと冷めてしまうので食べる都度

左の端から一口大に切って食べましょう。

お魚の食べ方ですが、お魚専用の少し形が違うナイフがあります。

こちらを使って骨と身をはずして食べます。

ご飯やパンの食べ方ですが、ご飯をフォークの背に乗せるのはいけません。

ナイフでフォークの腹の上にのせて食べるのが正しい方法です。

パンは、一口大にちぎってから、バターを塗って食べます。

ちぎったパンをパン皿に置く場合は切り口は自分の方に向けて置いてください。失礼にあたります。

ケーキや果物といったデザートの食べ方ですが、三角の形のケーキは

先端のとがっている方から一口大に切ってから食べ進めます。

メロンのような皮付きの果物が出た場合は、ナイフで皮と実を切り離し

一口大に切ってから食べます。

また、食事の途中でのマナーですがまだ食事の途中である場合は

ナイフとフォークを八の字型にしてお皿の上に乗せておきます。

食べ終わったサインとしては、ナイフとフォークを2本揃えて

お皿の上に並べておきます。

こうすることにより、サーブしてくれる人に食事の途中でお料理を下げられて

しまうということがなくなります。

また、途中でナイフやフォークを床に落としてしまった場合

自分では拾わずに、お店の人に拾ってもらうようにしましょう。

すぐに、替えの物を持ってきてもらえます。

フィンガーボールが出てくる食事の場合もありますが、こちらは汚れてしまった

指先だけを洗ってナプキンで拭いてください。

しないとは思いますが、中でじゃぶじゃぶ手をあらうのはいけません。

丁度いい動画があったので、参考にしてみて下さい。

※Youtube動画より

まとめ

 ちょうどよい動画がありました、ご参考まで・・・

※Youtube動画より

ナプキンは口元の汚れや手の汚れを拭くときに使う

ナイフとフォークは外側から順番に使っていく。

この2つを守って、ナイフやフォークを落としてしまったり、ワインやコーヒーを

こぼしてしまったりという突然の出来事が起こっても慌てたりしないで

お店の人に対応をまかせるというのが、基本なのではないでしょうか?

殆ど、この内容で、一般的なことは理解できると思います。

ご参考まで・・・




スポンサードリンク




スポンサーリンク
スポンサードリンク

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク

Translate »