妊娠準備って、いつから?体の事から気になる必要なお金まで徹底網羅!




妊娠の前に必要な準備って?体の事から気になるお金まで徹底網羅!

 

出産準備、いつから?気になる事調査!

出産準備、いつから?気になる事調査!

妊娠前の体の準備としては、いつから、予防接種を受ける、虫歯の治療、貧血の改善

必要な金銭的な部分については、出産費用は控除が受けられるのでそれ以外の

ベビー用品などにかかる費用も必要になります。

出産費用は控除が受けられる!

 



子作りしようと思ったら!健康面も考慮して妊娠しやすい体になる努力を!

妊娠jyン日はいつから、健康に気を使えばいいの?

妊娠jyン日はいつから、健康に気を使えばいいの?

 

妊娠準備と健康状態の別とはいつから?

これから、計画的に子どもを作ろうと考えているのであれば

自分の健康状態をベストにして妊娠、出産に備えていきましょう。

健康状態をベストにする努力!必要!

自分の健康状態がベストであれば、妊娠中や出産に対する不安も軽減されます。

まず、健康面で注意しなければならないことは妊娠前に予防接種を受けておくことです。

特に風疹の予防接種は必ず受けておくようにしましょう。

予防接種を受けておく!

何故かというと、母親が風疹になってしまうとお腹の中の赤ちゃんにも

感染してしまい、生まれてくる赤ちゃんが先天性風疹症候群という病気に

なってしまう恐れがあるからです。

子供へ影響のある先天性の病気を防ぐため!

この病気にかかってしまうと、赤ちゃんが難聴や心臓の奇形、白内障、精神発達障害

白内障などになってしまう恐れがあります。

風疹にかかったかどうかがわからない場合には、検査する方法があるので

ママとパパ二人とも確認しておく必要があります。

虫歯の治療も妊娠前に済ませておくようにしましょう。

歯の治療も済ませておく!

歯科治療で行われる、レントゲンや麻酔、薬などは赤ちゃんの器官が作られる時期に

行ってしまうと、生まれてくるまでの間にあの時のレントゲンは大丈夫だったのかな

などと不安な気持ちを抱えていなければならなくなってしまい

精神的に不安定になってしまうので、そのようなリスクは避けておくべきです。

極力、リスクを回避しておく!

貧血の症状がある人は、改善しておくようにしましょう。

赤ちゃんへの血液を送るために貧血になってしまうことがあります。

貧血気味の方は、医師と相談すること!

特に日頃、貧血気味の人は重症になってしまう可能性もあるので血液検査をして

鉄分の多い食事や鉄剤を使って改善しておくようにしましょう。

妊娠準備には日常の食生活が重要!

日常生活の注意点としては、規則正しい生活と栄養バランスの取れた

食事を心掛けるようにしましょう。

栄養を十分に考える食事を取るように日頃、意識する!

ママが食べた物が、お腹の中の赤ちゃんの栄養素となります。

赤ちゃんができる前から注意しておくようにしてください。

受胎に必要な葉酸サプリを補う!

できれば、妊娠準備として、葉酸をとるように努力する!

妊娠準備としていつから葉酸を摂取するか?

できれば計画の3ヶ月前から、葉酸サプリを飲んでおくことをオススメ!

妊娠してからも、葉酸サプリは飲んでおく!

理由:葉酸は受精卵の細胞分裂に必要不可欠な栄養素!染色体異常の奇形児リスクを回避するために摂取しておく必要があります。特に高齢出産する方は特に、必要かもしれません。

飲酒や喫煙には胎児にリスクがある!

アルコールやカフェインのある飲み物を控えるようにしてください。

アルコールは低体重児や発達障害のリスクがありますし、

カフェインは体を冷やしてしまうので子宮の働きが悪くなってしまうリスクがあります。

アルコール摂取・タバコ・カフェインなどの摂取に気をつける!

 

妊娠してからかかる費用はどれくらい?一通り計算してみるとこうだった!

妊娠費用はどれくらい?

妊娠出産費用はどれくらい?

 

妊娠、出産にかかる費用として一番に思い浮かぶのは健診と出産費用だと思います。

検診と出産費用がかかる!

妊娠中期までは月に1回の受診ですが、その後は2週間に1回となり

臨月には週に1回、予定日を過ぎると毎日通うというようになります。

自治体から補助金が受けられる!

健診の費用は14回までは、地方自治体によって金額に違いはありますが

補助が受けられます。

地方自治体によって決められた回数や、金額、検査などに対しての補助となるので

妊娠が分かった時点で病院に確認しておくことをおススメします。

病院に確認しておく!

また、受けられる補助は母子手帳を交付してもらう時に申請して妊婦健康診査受診券や

補助券をもうらうようになっているので、忘れずに手続きをしてください。

母子手帳交付時に各種手続きすること!

上の子の時やお友達の時と補助の内容が変わっている場合があるので、

必ず、病院に確認しておくようにしてください。

大体の目安としては、妊婦健康診査が1回から16回で約50,000円

一般の出産費用で400,000円くらいですが、出産一時金420,000

が支払われるので実質0円となります。

実質出産費用は0円!

病室が個室の場合は差額ベッド代がかかる他、交通費などがかかります。

出産して生まれてからの準備品の費用!

出産用品はどれくらい経費が?

出産用品はどれくらい経費が?

出産準備用品にも費用がかかります。

新生児用の肌着や、おむつ、粉ミルク、ベビーカー、チャイルドシート

哺乳瓶、哺乳瓶用品、カバーオール、ベビーベッド、体温計、ベビーバスなど

10万円から20万円くらいかかりそうです。

10~20万くらい

自分の兄弟や友達からお下がりをもらったり、連らる用品などを使用して

コストを削減することもできますが、オムツや粉ミルクなどは消耗品なので

必ずかかるコストとして月々10,000円くらいは考えておいた方が安心です。

月々、10,000円くらい!

妊娠の前に必要な準備って?まとめると・・・

 

出産準備いつから?のまとめ!

出産準備いつから?のまとめ!

子どもを作る前にしておくことは、まず自分の体調を整えてる!

母子ともに健康に出産の日を迎えるようにすることが大事!

そのためには、胎児に対する影響に心配がないように予防接種を受けておく

虫歯を治しておく、貧血に注意することが肝心です。

歯科医・内科医など自分の健康をまず、整える!

妊娠してからかかる費用は、妊婦健診や出産費用については

ある程度、地方自治体から補助があるので高額になることはないですが

出産準備用品にかかる費用は全て新品で用意する場合には200,000円くらいは

かかってしまう場合もあるので、お下がりやリサイクル用品、レンタル用品などを

活用してコストを抑えることもできます。

20万くらいは出産準備費用として考えておく!

妊娠前に注意することが多いなと感じてしまったでしょうか。

あまりストレスを感じるようであれば、きっちり守らなくても少しずつ

自分の体や気持ちを慣らしていくようにして、ストレスを感じないように

赤ちゃんがやって来るのを待つようにしてください。

身体的な不安や精神的な不安は極力避けるために、準備しておきましょう!

そんなに、意識しすぎないように、おおらかな気持ちで身体と精神を保つようにしましょうね!

栄養素としての葉酸は意識して、葉酸サプリなどを摂取しておきましょうね!

妊娠のために準備したい!食べ物で妊娠しやすい身体を作ろう!

妊娠準備のためのやりかた!

妊娠準備のためのやりかた!

妊娠するということは、女性は自分のお腹の中でもう一つの命を育てることになります。

自分の体と赤ちゃんの為の体を作るには、バランスの取れた食事が重要!

それは判るが、具体的にどうしたらいい?

たんぱく質や鉄分、葉酸などを積極的に摂取する

ように心掛けましょう。

コレが一番大事なことです!

できれば、葉酸豊富な食べものが良い!ですが・・・

この部分は、通常の食事とサプリメントを使って妊娠準備しましょう!

妊娠を望むなら食べ物から見直そう!妊活のための食事とは!?

葉酸の多い野菜!ブロッコリ!

葉酸の多い野菜!ブロッコリ!

そろそろ赤ちゃんが欲しいなと思ったら、まず妊娠するための

身体づくりを考えなくてはいけません

真剣に身体つくりを考えること!

自分の体が健康でないと、妊娠も難しくなりますし妊娠したとしても

出産までの長い期間を耐えられるような体の状態にしていなければなりません。

出産に耐えれる身体つくりに励む!

偏った食事を見直して、体調を整えることにより女性ホルモンのバランスを

整えて、生理不順などをなくすことによって排卵日の特定がしやすくすること

によって、妊娠しやすくなる可能性が高まります。

朝がどうしても、食べられないとかダイエットをしているので3食きっちり

食べていないという人もいると思いますが、妊活中は3食キチンと食事を

摂取するようにしましょう。

3色きっちり!食事をすることを基本にする!

バランスの良い食事をしなくてはいけないと、強迫観念に迫られてしまっては

ストレスが溜まってしまい、妊活に支障をきたしてしまいます。

そんな時は一日3食の食事の中で、食事のバランスを取るようにしようと

考えると気持ちが軽くなります。

意識を変えること!

朝、昼であまり野菜を摂らなかったなと思ったら夕食で野菜を多めに摂るなど

3食の中でマイナスの栄養素がないことを目指すようにしてみましょう。

妊活に必要な栄養素は、たんぱく質、鉄分、亜鉛、ミネラル、ビタミン類、葉酸などです。

たんぱく質は筋肉や皮膚、ホルモンや免疫などの体にとって重要なものが含まれています。

もちろん、お腹の中の赤ちゃんの成長にとっても大事な栄養素です。

お肉や、卵、大豆製品、チーズなどに多く含まれています。

アミノ酸を多く含む食べ物が良い!

鉄分は生理がある女性にとっては、とても不足しやすい栄養素です。

妊娠前から貧血の傾向がある人などは、積極的に摂るように心掛けましょう。

代表的な食材では、ひじきなどがあります。

女性は鉄分不足になる傾向が多いので注意すること!

亜鉛は女性ホルモンの分泌を促してくれる効果があります。

女性ホルモンの分泌が促されることによって妊娠しやすい体になります。

亜鉛は、カキや大豆製品、ごま、アーモンドなどに含まれています。

ミネラルは細胞を若々しく保ってくれるという働きがあります。

それによりホルモンの分泌が活性化されて妊娠しやすい体を作ってくれます。

ミネラルの中でもマグネシウムは豆類に多く含まれています。

また、カルシウムは果物、緑黄色野菜、小魚に多く含まれています。

特に妊娠に重要な重要な要素は葉酸です!

葉酸は妊娠初期に起こりやすいお腹の中の赤ちゃんの神経管閉塞障害の

予防をしてくれるために必要な栄養素です。

加熱してしまうと栄養素が奪われてしまうので、調理する時には注意が必要となります。

のりや納豆、ブロッコリー、いちご、アボカドなどに多く含まれています。

しかし妊活中はかなり多くの量を摂取する必要があるので

サプリメントなどで補助するとより効果的です。

妊娠しやすくするためには、体の冷えも解消しておくのが望ましいです。

なので、ショウガやネギ、カボチャやゴボウなどの根菜類と

さくらんぼや桃などの果物が体を温める食材としてあります。

妊娠中に食べないほうが良いもの!

逆に、妊活中になるべく食べないようにしたいものは

体を冷やしてしまう食べ物で、きゅうり や トマト バナナなどは控えてください。

身体を冷やしてしまう野菜は果物!

糖質も血糖値の急激な上昇によって太ってしまいホルモンのバランスを崩して

しまうので過剰に摂取するようなことは控えた方が良いです。

甘いものは注意すること!

お菓子などの甘い物は勿論ですが、ジュースや炭酸飲料などの飲み物にも

お砂糖がたくさん入っているので食べ過ぎや飲みすぎには注意してください。

まとめ

心と身体を大らかに

心と身体を大らかに

妊活を行うことのメリットとして、妊娠するまでの間に自分の健康状態や

気持ちの準備ができますよ。

万全な体制を整えて妊娠することができれば、出産までの間の

不安感も軽減されるますから・・・

少なくとも私はそうでしたよ!

私は、上の子は特に妊活などは行わずに妊娠したのですが

もう一人子どもが欲しいなと思っていてもなかなか授かりませんでした。

そこで、妊活をしたのですが上の子の時には妊娠が判明する少し前に

風邪をひいて薬を飲んだことなどが出産直前になって思い出して

とても不安になってしまいました。

出産2回目は安心!

下の子の時には妊活をしていたので、その期間は特に食事や

体調にも注意したので出産直前は上の子の時と比べると不安感が

全くないわけではないのですが、全然違っていました。

予防接種は気をつけること!

特定の感染症には気をつけないといけません!

妊娠までの準備期間にしておくことは、まず予防接種です。

風疹などに妊婦さんがかかってしまうと赤ちゃんの脳やせき髄に影響が出て

しまう恐れがあるからです。

ママもパパも予防接種を受けておくようにしましょう。

自分が予防接種を受けたかどうかわからない場合などは、

抗体の検査をしてもらうと安心です。

歯の治療も済ませるようにする!

歯科治療も終わらせておくと安心です。

妊娠すると、虫歯になりやすいということもありますが診察台で治療を受けている

姿勢が思いのほかつらいですし、麻酔やレントゲンなども

後々不安な気持ちになるので、妊活中に虫歯治療はしておきましょう。




スポンサードリンク




スポンサーリンク
スポンサードリンク

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク

Translate »